米中対立で日経平均反落!東京都は「ステップ2」へ!

米中対立で日経平均反落!東京都は「ステップ2」へ!

米中対立懸念により日経平均は4日ぶりに反落!

本日の日経平均は米中対立が深刻化するとの見方から反落し、久しぶりに朝からマイナス圏での推移が続く展開です。

昨日28日、中国の全人代(全国人民代表大会)にて反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の制定方針を採択しました。

これを受けてトランプ大統領は、中国に関する米国の新たな政策を29日の記者会見で発表すると発言しています。

「中国に関して何をするのかについてあす発表する。われわれは中国と、中国で起こったことに不満だ」

ホワイトハウスで国家安全保障問題を担当するオブライエン大統領補佐官が、制裁を科す可能性があることを示唆しており、市場ではその内容に大きな関心を寄せているのです。

具体的な会見時間は不明ですが、恐らく日本時間で今夜から深夜となるのではないでしょうか。

ひとまず、会見までは警戒しつつの様子見姿勢を崩さず、場合によってはポジション整理を進めるのが良いかもしれませんね。

ただ、日経平均は昨日までに4日続伸するとともに、その上げ幅は1,175円と急ピッチです。

週末前のこのタイミングでそろそろ利益確定売りが出ても不思議はないでしょう。

それでも下げ幅が100円前後で推移していることが、個人的には根強い買いに支えられるプラスの印象を受けます。

もっとも、そんな感想もトランプ大統領の発言次第で吹き飛ぶ可能性がありますから楽観視はできませんが…。

東京都 来週6月1日よりステップ1からステップ2へ緩和!

そんな米中対立が注視される中、日本で東京都が休業要請などの緩和の段階をさらに進め「ステップ1」から次の「ステップ2」に進む方針を固めました。

「ステップ2」は週明けの6月1日より移行する予定であり、これにより、学習塾や劇場、映画館やスポーツジム、百貨店などの小売店も再開できるようになります。

ただし、ここ数日の東京は少しずつ新型コロナの新規感染者が増えつつあります。

週間で見ると、先週(17日~23日)の41人に対して、今週は24日から28日までの5日間で58人に。

特に直近の3日間は10人を超えるなど、徐々に増えつつあるように思われます。

数十人、数百人と急増しているわけではありませんし、このくらいなら許容内とされるのかもしれませんが、収束しつつあると見られた海外では第二波が警戒される国もあります。

例えば昨日28日、韓国政府は感染者が再び増加ペースを強める可能性があるとして、本日29日よりソウルを含む首都圏で外出自粛を要請しました。

韓国は今月6日に制限を緩めましたが、集団感染が相次ぎ、制限緩和の基準とした「1日50人」の感染者数を3週間ぶりに上回ってました。

日本でも同じことが起きるというわけではありませんが、緊急事態宣言が全面解除され、そして規制が緩和されても、現時点で完全に終息したというわけではありません。

当面は、出来る限り”密”を避け、そしてマスクの着用や手洗いなどを意識して少しでもリスクを減らす生活を続ける方が良いでしょうね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事