米国 全国民に2週間以内に1,000ドル支給でNYダウは急騰!

米国 全国民に2週間以内に1,000ドル支給でNYダウは急騰!

米国 全国民に2週間以内に1,000ドル支給でNYダウは急騰!

最近は日本以上にアメリカ市場の話題を取り上げることが多いのですが、昨夜は久しぶりにわかりやすいサプライズによって大幅に上昇する一日でした。

NYダウは前日比299ドル高で始まりましたが、トランプ政権が家計への現金給付を公表し急騰。

その内容は、今後2週間以内に米国民に対して1,000ドルの小切手を送るといったものです。

さらに個人は最大100万ドル、企業は最大1000万ドルの税金納付を無利息かつ罰則なしで90日間延期する方針や、新型コロナの感染が深刻な地域に野外病院の設置も可能とし、上げ幅を拡大することとなりました。

市場では利下げなど金融政策だけでは不十分との声が聞かれてましたから、こうした政策が先行き不安を和らげたのでしょうね。

尚、昨日のNYダウの終値は前日比1,049ドル高の2万1237ドルです。

ただし、最近の急落幅から考えると自律反発の域を出ませんし、日中のNYダウ先物は早くも1,000ドル近くマイナスという場面も確認されています。

やはり当面は不意の急落に警戒した方が良さそうですね。

日本は全国民に1万2000円超の現金給付を検討!

そんな米国に対し、日本政府は4月にも策定する緊急経済対策として、国民1人ずつに現金を配る「現金給付」を盛り込む調整に入りました。

2009年にはリーマンショックによる影響から1万2000円の定額給付を配布しましたが、今回はそれを上回る金額の給付を検討する模様です。

現時点では検討中という段階ですが、この話題が広がると金額に対する不満や、現金給付よりも減税を望む声が聞かれるなど、あまり評判はよくない印象ですね。

今後、どのような形で決まるかわかりませんが、低迷する消費の底上げや景気刺激策に期待したいですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事