クルーズ船で10人の感染者が確認するも相場は底打ち!?

クルーズ船で10人の感染者が確認するも相場は底打ち!?

横浜港沖に停泊中のクルーズ船から31人中10人から陽性反応!

新型コロナウイルスに感染した香港の男性が乗っていた横浜港沖に停泊中のクルーズ船ですが、厚生労働省は全員の検査を見送った模様ですね。

無症状の感染者を見逃すリスクはあるものの、検査体制に限度があり現実的な判断とのこと。

ただし、帰宅後に体調が悪化したら自己申告を要請するにとどめるそうです。

既に感染者が確認されたことで検査をしたわけですし、症状が出てからの申告では潜伏中に感染を拡大させてしまう恐れがあると思うのですが、簡単に検査というのも難しいのでしょうか。

その後、加藤勝信厚生労働大臣は会見を開き「検査結果の出た31人中10人が陽性と確認した。さらに100人の検体を検査中で、今後感染者が増える可能性がある」と発表しました。

尚、今回の検査では、乗客・乗員はおよそ3700人の内、発熱などの症状がある人や濃厚接触者133人から検体を採取し、ウイルス検査が実施されました。

つまり、まだ検査結果が判明していない100人がいる中で、すでに検査結果が判明した31人中10人という3分の1に迫る感染者が確認されたわけです。

残りの100人からも感染が確認される可能性は非常に高いと見るべきでしょう。

もちろん感染された方には何の非もありませんが、既に船内で感染が広まっていたと考えると、仮に検査せずに下船していたら更に広範囲に及んだ感染の可能性が考えられたわけですから怖いですね。

また、厚生労働省は症状の出ていない乗客乗員についても、感染拡大を防ぐために14日間程度、船内にとどまるよう求めるようです。

検疫期間の最低14日間は横浜港周辺にとどまるとし、高齢者や持病がある人については症状がなくても検査することも検討しているとのことです。

日々、こうした新型コロナウイルスに関係したニュースが確認され、その度に感染者や死亡者が増え続けています。

感染拡大を警戒した相場は今後も続くのでしょうか?

新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化でリスクオン!?

そんな感染拡大が警戒される今ですが、昨夜の米国市場は中国関連を中心に買われ大幅続伸し、ナスダックは過去最高値を更新しました。

日本市場も同じく続伸し、本日の日経平均は300円超の上げ幅を見せています。

最近の下落に対しての反発といった見方もある一方、ブルームバーグの為替・金利記者によれば新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化してきていることがリスクオンの要因の1つになっているとのこと。

感染者の数字を眺めているだけでは見落としがちですが、徐々に感染ペースが落ち着きをみせはじめているのかもしれませんね。

今の時点で完全にピークを迎えたと決めつけてしまうのは早計かもしれませんが、いつ本格的に相場が反転し上昇基調を強めても良いように頭にとどめておきたいですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事