孫正義「日本はAIの分野で発展途上国。結構ヤバイ」

孫正義「日本はAIの分野で発展途上国。結構ヤバイ」

孫正義「日本はAIの分野で発展途上国。結構ヤバイ」

ソフトバンクグループの孫正義社長は、都内で開幕したSoftBank World 2019の壇上で、日本は人工知能(AI)の分野で「完全な後進国になっている」と発言しました。

孫社長は「インドや東南アジアから次々とAI起業家が生まれている」とした上で、「日本はいつの間にかAI後進国になってしまった。この数年間で一番革新が進んだAIの分野で、完璧な発展途上国になってしまった」と発言した事で大きな注目を集めています。

確かに世界的な人工知能(AI)の技術の波に、日本企業は乗り切れていない印象を受けている方も多いのではないでしょうか。今、日本では人工知能(AI)の急成長に対しての人材の確保が追い付いておらず、業種を超えて「AI人材確保」の争奪戦の様相となっているのです。

産業競争力を高める為にAIに関連する人材を育成する事が、世界のAI開発競争で戦う為の必須条件ですが、経済産業省の推計によると先端IT人材は2020年に約5万人不足する見通しで、正に「AI人材育成」は政府にとっても喫緊の課題となります。

ただでさえ、日本は少子高齢化により国際社会での競争力を失いつつある中で、人工知能(AI)でも遅れを取ってしまうのは極めて危険な状況と考えるべき。孫正義氏が「結構ヤバイ」と発言したのも頷けるところなのではないでしょうか。

今後必要とされるのが専門的な知識や技術を有する、AIに関連する人材の育成です。

尚、AI人材育成関連銘柄に関しては下記に特集ページを掲載しています。興味のある方は覗いてみて下さい。

「AI人材育成関連銘柄」・スイング注目株
2019年飛躍に期待【人工知能(AI)関連】の出遅れ株

2019年も折り返し、いよいよ7月相場が始まりました。

米中関係と米朝関係に大きな前進が見えましたし、株式市場もロケットスタートを切るにはとても良い地合いになっています。個人的には2019年のテンバガー級急騰株は夏の間に登場するのではないかと考えています。上半期、下半期の折り返しのタイミングなので、一旦ここでポートフォリオや情報収集源の見直しをしておくべきでしょう。

どれだけ有力な情報を駆使する事が出来るかで、2019年下半期収支の方向性は定まって来るかもしれません。自分で情報収集するだけではなく、こういう大イベントの時は相場のプロにも見解を求めておきたいところです。

ちなみに皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場するかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事