【消費税増税関連】キャッシュレス決済による還元ポイントは5%を検討

【消費税増税関連】キャッシュレス決済による還元ポイントは5%を検討

【消費税増税関連】キャッシュレス決済による還元ポイントは5%を検討

安部晋三首相は2018年11月22日午後に、2019年10月に消費税増税への経済対策として、クレジット決済した際に5%還元を検討する考えを表明したそうです。これは増税から2020年夏の東京五輪までの9カ月間の実施を予定しており、2%増税幅を超える負担軽減で増税後の景気を下支えると共に、キャッシュレス決済化を推進する構えです。

キャッシュレス決済によるポイント還元は中小小売店での購入分を対象にしており、クレジットカード・電子マネー・QRコードなどで決済した場合にポイント還元される仕組みとなりそうです。また、増税後の消費喚起の為に購入額に一定額を上乗せして買い物が出来るプレミアム付き商品券も発行する方針となっています。この商品券は住民税非課税世帯と2歳以下の子供を持つ世帯が購入する事が出来るそうです。

他にも「自治体ポイント」なども検討されていますが、来週の経済財政諮問会議で増税政策の対策を示すとの事。

今回の政府の方針で、判明したのは消費税増税から「9カ月間限定でキャッシュレス決済がお得」になる事でしょうか。尚、中小小売店が対象となる為に大手小売などでは、価格競争などが起こる可能性も有るかもしれません。

いずれにしろ「キャッシュレス決済関連銘柄」は向こう1年に渡って話題性の高いテーマ株となりそうですね。

ちなみに「テーマ株」は現在の株式市場では重要な投資戦略の一つとなります。某大手ネット証券会社でも「人気テーマ」のページが加わりましたし、他にもテーマ株を取り上げたメディアが数多く存在しています。

今の相場で何倍にもなるような急騰銘柄を動意付く前に掴みたいと考えるなら、やはり「テーマ株」から攻めるのが正攻法かもしれません。

特にスイング株の銘柄選びに悩んでいる方は下記のテーマ株に強い急騰銘柄情報を参考にしてみては如何でしょうか。案外使えるので結構重宝しますよ。

↓↓↓

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事