中東のシリコンバレー「イスラエル」関連銘柄・スイング注目株

中東のシリコンバレー「イスラエル」関連銘柄・スイング注目株

中東のシリコンバレー「イスラエル」

中東のイスラエルと言うと、どんなイメージがあるでしょうか。やはり戦争や紛争のようなイメージを持たれている方も多いと思います。またはユダヤ人国家としてのイメージが強いかもしれませんね。

実は今、イスラエルは「中東のシリコンバレー」と言われる程、ITの先進国になっている事をご存知でしょうか。人工知能(AI)やIoT、それに付随したサイバーセキュリティの分野などで続々とスタートアップ企業が誕生する「研究開発大国」とされています。今、このイスラエルのIT企業と提携を結ぶ日本企業に大きな注目が集まっているようです。

日本とイスラエルの親密な関係

日本の経済産業省相は2019年1月にイスラエルを訪問し、イスラエルのネタニヤフ首相との会談で、企業連携を推進していく事で合意しています。経産省とイスラエル国経済産業省がデジタルヘルス分野で協力覚書に署名するなど、国家ぐるみで提携を進める形になっています。

イスラエルのスタートアップ企業との連携や医療機関などでの概念実証に関心を持つ日本企業向けのワンストップ窓口を日本貿易振興機構(ジェトロ)に設置する事等が盛り込まれているそうです。また関西文化学術研究都市推進機構(KRI)と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、イスラエル・イノベーション庁が「イノベーション推進及び産業分野での研究開発の連携協力に関する覚書」を締結。親密な関係となっていますね。

イスラエルは建国の際に聖地エルサレムなどを巡って近隣国と大きな火種を抱えていました。その為に国防に特化した技術力があり、急速な発展を遂げて来ました。その発展に大きく寄与したのが科学技術の分野で、GDP比で研究開発投資や人口比における科学者や技術者の割合は「世界トップクラス」だそうです。

日本企業もイスラエルと関係強化に取り組んでいて、日銀の国際収支統計では日本企業の投資額は2011年の3億円から2016年には222億円と急拡大。更に2017年には1300億円に膨らんでいるそうです。

スイング注目株・イスラエル関連銘柄

イスラエルは面積が日本の四国ほどで、人口は約868万人です。街並みの写真を見ると、近代的な風景。これから更に発展して行く余地を感じる事が出来ますよね。イスラエルは「中東のシリコンバレー」として、今後世界中の企業や投資家から大きな注目を集める事になりそうです。

IoT時代、人工知能(AI)の発達により、イスラエルと提携を結ぶ日本企業、今後はイスラエルの成長と共に大きく成長する可能性もあるかもしれません。注目してみましょう。

イスラエル関連銘柄・ヘルスケア分野

【4508】田辺三菱製薬

パーキンソン病などの研究開発を行うイスラエルのニューロダーム社を買収

【4569】キョーリン製薬HD

エルサレム・ヘブライ大学の技術移転会社と呼吸器疾患治療薬の開発で戦略的パートナーソップを締結

【6073】OKI

中東最大の医療機関シーバ・メディカル・センターと認知省予防の分野でパートナーシップ契約を締結

【8630】SOMPOHD

イスラエルのビナー社とAIを活用した健康サービス開発へ向けた実証実験を行う事で合意

イスラエル関連銘柄・科学技術分野

【2467】バルクHD

イスラエルのサイバージム社と共同で事業を進める

【3756】豆蔵HD

ノイズキャンセリング技術を保有するイスラエル企業とパートナーシップ契約

【3808】オウケイウェイヴ

イスラエル企業への投資と共同開発を目的に研究機関を設立

【4847】インテリW

イスラエルのITベンチャーのサイバーセキュリティ製品の国内販売契約を締結

【6506】安川電機

3Dプリンター製造のイスラエル企業へ出資

【6798】SMK

イスラエルのケアシス社と車室内乗員検知センサーなどの開発で業務提携

【7220】武蔵精密工業

イスラエルのソフトホイール社と資本提携

【8053】住友商事

農業向けITサービスのイスラエル企業へ出資

【9006】京浜急行電鉄

イスラエルのベンチャー企業へ出資

【9984】ソフトバンクグループ

イスラエルPliops社へ3000万ドル調達

戦争や紛争のイメージが強いイスラエルですが、科学技術やヘルスケアの分野においては世界トップクラスです。イスラエルに関連した銘柄は株式市場でも今後注目される機会は増加して行く事が予想されます。少し長期的な目線かもしれませんが、中にはとんでもない大化け候補も存在するかもしれません。引き続きチェックして行きたいテーマ株となりそうです。

2019年はテーマ株スイングトレードで大幅プラス収支を目指したい

2019年こそは本気でテンバガー級の急騰株を狙いたい方はコチラ≫

やはり近年の株式相場は「テーマ株攻略」が最も優位に立ち回れる方法なのかもしれません。この流れは今後も続いて行く事が予想されます。

そこで注目したいのが「テーマ株に強い」投資顧問サイトの情報を活用する事

読者の皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は本当に使えるサイトが増えたんですよ。

2019年は世界的な景気減速から株式市場も厳しい地合いが続く事が予想されます。そんな時に個人投資家の情報力だけでは、戦場を裸で歩くようなモノ。たまには専門家の意見も取り入れるべきでしょう。

「2019年テンバガー級の急騰銘柄を狙いたい」「年間収支で大幅プラス収支を達成したい」とお考えの方は、下記「投資顧問サイト」の無料情報だけでも試してみては如何でしょう。万全の準備を整えて2019年の株式市場に臨みたいところです。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には【株価9倍】ALBERTを推奨した《ファーストリッチ投資顧問》や、情報収集ツールとして私も日々使用している《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《ファーストリッチ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事