2019年は「12年に1度の選挙イヤー」選挙関連銘柄に先回り・スイング注目株

2019年は「12年に1度の選挙イヤー」選挙関連銘柄に先回り・スイング注目株

2019年は「12年に1度の選挙イヤー」

亥年は12年に1度の選挙イヤーとしても注目が集まっています。4年に1度の統一地方選挙と、3年に1度の参議院選挙が重なる為で、2019年は春から夏に掛けてダブル選挙が実施される予定となります。

また、北方領土を巡る日露平和条約の行方次第では衆議院解散総選挙となるシナリオも永田町では噂されていますので、安部首相の動向次第では衆参同日選挙に打って出る可能性も有るかもしれません。

2019年は北方領土解散総選挙になるかも?関連銘柄まとめ≫

4月には新元号の発表、そして5月1日には改元が行われます。2019年上半期は政治的な話題に事欠かない状況となりそうですね。

選挙が大きな話題となれば注目されるのが「選挙関連銘柄」でしょうか。余りピンとは来ませんが、幾つか候補がありますのでピックアップしたいと思います。

スイング注目株・選挙関連銘柄

【2449】プラップジャパン

自民党PRプロモーションの実績有り

【3675】クロスM

インターネット市場調査大手

【3978】マクロミル

ネット上の世論調査など

【4708】りらいあC

コールセンター事業で国政選挙時に特需の可能性

【7521】ムサシ

投票用紙読み取り機械など選挙関連機材

今年上半期は選挙の話題が多くメディアで取り扱われる事が予想されます。また選挙の動向次第では様々なテーマ株に物色人気が波及する可能性もありますので、選挙関連銘柄以外にも、政党の公約などにも注目しておきたいところですね。

2018年テンバガー達成銘柄と2019年テンバガー候補株への傾向と対策

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事