日銀 臨時の金融政策決定会合で日本市場は大荒れ!

日銀 臨時の金融政策決定会合で日本市場は大荒れ!

日銀 臨時の金融政策決定会合で日本市場は大荒れ!

本日、日銀は新型コロナウイルスによる市場の混乱を受けて、緊急で定例の金融会合を開く事となりました。

当初、18日19日に予定していた定例の会合を前倒しし1日で決定を下す恰好です。

前週末比155円高と朝方高く始まった日経平均でしたが、この報道を受けて1万7200円から1万7300円付近の狭いレンジで様子見の展開が続きます。

そして後場14時過ぎになり、日銀会合の結果が判明すると株価の様相は急変。

急ピッチで500円超の上げ幅を見せ1万7785円まで急騰したかと思えば、今度はすぐさま切り替えして急落です。

株価は大引けまで下げ続けて、結局、本日の終値は1万7002円(前週末比-429円)という、ギリギリ1万7000円をキープする一日となりました。

日経平均株価(1分足チャート)

尚、日銀会合の結果はETFの買い入れ額を12兆円に増額というもの。

少なくとも買い入れ額の拡大は市場にとって好感される内容ではありますが、期待されていた利下げは見送りとなり、結果的に期待と失望が入り混じりながらも売り優勢の展開ということでしょうね。

私の周りの反応を聞いても、どう評価するか難しいといった話が多く同じような気持ちで市場と向き合っていた人が多いのではないでしょうか。

尚、本日16時より開かれた日銀黒田総裁による記者会見では、今後必要ならマイナス金利の深堀も行うと発言しています。

また、今夜23時より阿部首相はG7と緊急のテレビ電話会議を開催するとしています。

場合によっては、今夜または明日にも何らかの動きがあり市場に影響をおよぼすかもしれませんね。

稀に見る緊急の事態だからこそ、今後も最新の情報をチェックしていきましょう。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事