日経平均は1000円超の急落!年初来安値を更新!

日経平均は1000円超の急落!年初来安値を更新!

日経平均は1000円超の急落!年初来安値を更新!

また本日の日本市場も売り一色の急落相場ですね。

本日の日経平均は寄り付きから前日比300円安の1万9064円で始まり、10時頃まで1万9000円付近でもみ合いを続けましたが、その後は1時間で800円近くも値を下げる展開に。

前引け前には、前日比1000円超となる1077円安の1万8339円をつける場面まで確認されています。

これは3月10日に更新したばかりの年初来安値1万8891円を更新する値となるのです。

昨日が安値圏で踏みとどまっていただけに一旦の底打ちも期待されましたが、結局、こういう展開となるのですね。

尚、後場は13時頃より切り返して下げ幅を縮小していますが、それでもプラス圏まで戻る可能性は極めて低いでしょう。

恐らく、本日の終値も大幅安で取引を終える可能性が非常に高いと見られます。

急落の原因はWHOがパンデミックの宣言か!?

急落の理由については新型コロナウイルスに関連したものですが、イタリアやアメリカなど感染者および死亡者の増加など聞かれるものの、特段の新しい不安材料は確認されておりません。

恐らく、昨夜未明にWHOが今回の新型コロナウイルスについてパンデミック(世界的大流行)を宣言したことがキッカケと考えられます。

これまでWHOは「パンデミックの可能性がある」「パンデミックに近づいている」など、頑なに認めませんでしたからね。

中国や日本からの寄付金があり忖度していたのかもしれませんし、早くに認めてしまうとパニックとなる恐れもありますから判断が難しいでしょうが、それにしてもパンデミックの認定が遅い気がしますね。

今回のパンデミックの表明によって、事態の深刻化が再確認され投資家心理の悪化につながるかもしれません。

日本だけでなく欧米やアジアなど本日も下げが目立ちますし、まだ当面は慎重な取り組みが必要となりそうです。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事