新型コロナ感染拡大により日経平均2万円割れの急落!

新型コロナ感染拡大により日経平均2万円割れの急落!

新型コロナ感染拡大により日経平均2万円割れの急落!

本日もまた非常に厳しい相場模様の一日ですね。

日経平均は寄り付き早々に2万円の大台を割り込む急落によって今週をスタートしましたが、その後の戻りは限定的であり、1万9500円から1万9600円台を推移しています。

その下げ幅は前週末比にして-1200円(約-5.8%)を超える場面も確認されており、本日は終日苦しい展開が予想されるでしょう。

尚、急落の原因は拡大を続ける新型コロナウイルスにより、世界経済に深刻な影響をおよぼすといった懸念です。

実際、この週末にも新型コロナに関する様々なニュースが確認されましたからね。

特に世界経済の中心でもあるアメリカは一段と深刻さが増しているようです。

クルーズ船グランドプリンセスで感染者確認!

例えば、感染が確認され世界中から大きな注目を集めたクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」がありますが、その姉妹船に当たる「グランドプリンセス」でも感染を確認。

乗客乗員およそ3500人のうち21人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たようです。

その後、9日にもアメリカ・カリフォルニア州のオークランド港に入港し、乗員乗客全員に対して新型コロナウイルスの検査を行い、治療や入院が必要な人を下船させカリフォルニア州内の病院に搬送する方針としています。

以前、日本でのダイヤモンドプリンセスが新型コロナの温床と批判していましたが、今度はアメリカが難しい対応を迫られることとなりました。

また、アメリカではカリフォルニアやワシントン州、ペンシルバニア州やニューヨーク州など、各地で非常事態宣言が出されました。

恐らく、今の感染速度を考えると、今後もさらに新たな州が同宣言を発表するのではないでしょうか。

他にも、感染症研究の第1人者と言えるネブラスカ大学医療センター教授のジェームズ・ローラー博士は、最悪のシナリオとしてアメリカで新型コロナに感染する人数は9600万人、死亡する人数は48万人と推定。

特に高齢者は重症化し、80歳以上の人々の死亡率は14%になると話しています。

あくまで”最悪のシナリオ”を想定した場合の推定ではありますが、仮に現実のものとなれば大パニックは避けられないでしょう。

もちろん、アメリカだけに限った話ではありません。

イタリアでは爆発的に感染者が急増しており、昨日時点で感染者数は7375人、死者は366人となり、感染者が急拡大していた韓国を上回る事態となり大きな話題となりました。

尚、9日午前2時時点で世界の感染者数は10万9032人、死亡者は3792人とのこと。

一日も早い事態の終息を願うばかりです。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事