NYダウは過去最大の上げ幅を見せるも日経平均はマイナス

NYダウは過去最大の上げ幅を見せるも日経平均はマイナス

NYダウは過去最大の上げ幅を記録!

昨日の米国市場では、NYダウが前週末比1293ドル高の2万6703ドルで取り引きを終えました。

この上げ幅は2018年12月26日につけた1086ドル高を大きく上回る過去最大となります。

連日の大幅下落からの反発とはいえ、一日で1300ドル近くもの上昇は今後見られないかもしれませんね。

尚、上昇の理由はECBや日銀など、世界の主要銀行が協調して金融緩和に踏み切ることで、新型コロナウイルスによる景気減速を和らげるとの期待が強まったとされています。

主要7カ国の財務相・中銀総裁は3日にも緊急の電話会議を開いて対応策を協議する見通しであり、会議後に早期の協調策を打ち出すとの思惑も浮上しているようです。

 

日経平均プラスで始まるもマイナス圏へ転落!

米国市場の非常に強い反応を受けて、本日の日経平均は寄り付きから高く始まりましたが、次第に上げ幅を縮小し前日終値付近でのもみ合いに。

その後、後場に入り13時過ぎには下げ幅を拡大し、ピーク時は前日比200円安に迫る場面まで確認されています。

特段の売り材料やニュースなどは確認できていませんが、特に日本株だけは弱く本日は売られています。

やはり根本の原因に当たる、新型コロナウイルスの世界での感染拡大に歯止めがきかない今、まだ楽観視できない気がしますが、それは日本だけに限った話でもありません。

特にWHOは新型コロナウイルスによる感染増加数の最大の懸念として、日本、韓国、イタリア、イランの4カ国を挙げています。

特に日本は検査をしないために正確な感染者数が不明ですし、東京オリンピックの開催まで危ぶまれていることから売りが加速しているのでしょうか。

余談ですが、海外のあるブックメーカーは東京オリンピックそのものの開催中止を賭けの対象にしており、現在のところ中止が優勢だそうです。

実際、どうなるか不明ですが日本株はまだまだ警戒が続きそうですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事