日経平均が5日ぶりに反発!急落相場脱出か!?

日経平均が5日ぶりに反発!急落相場脱出か!?

日銀談話をきっかけに日経平均が5日ぶりに反発!

本日は日経平均が久しぶりに反発する一日となっています。

寄り付きは前週末比293円安の2万0849円と安く始まりましたが、その後は10時頃から値を戻し同451円高の2万1593円まで買われる場面も確認されました。

あいかわらずボラの激しい相場が続き動く値幅の大きな一日ですね。

尚、反発の理由として日銀の黒田総裁が市場に潤沢に資金を供給するなどとした異例の談話を発表し、国際やETFの買い入れを積極的に行う方針としたこととされています。

先週末にはFRBの利下げ観測も強まっていましたが、日本の金融当局も対応に踏み切る恰好となり買戻しを誘ったのでしょうね。

ただ、直近で日経平均は2,000円超も急落していますから、そろそろ一旦の反発があっても不思議はなく本日の動向だけで安心はできないでしょう。

余談ですが、本日は午後13時前に北朝鮮が2発のミサイルを日本海へ発射したことが明らかになりました。

このニュースが確認されて以降、日経平均はやや下げ幅を拡大しましたが、一昔ほどの大きな影響は見られませんね。

どちらかといえば、石川製作所(6208)や細谷化工(4274)、豊和工業(6203)など、お馴染みの防衛関連が急騰を見せたくらいです。

すでにミサイル発射に慣れてきたのか、それ以上に新型コロナウイルスの深刻さが勝っているのか、いずれにせよ当面は警戒した相場が警戒されますね。

新型コロナウイルス 韓国で猛威を振るい文在寅政権に危機!?

以前から韓国での感染拡大が確認されてきましたが、ここにきて一段と感染ペースが上がってきました。

韓国保健福祉省によると2日0時時点で新たに476人の新型コロナウイルス感染が確認され、これまでの感染者数は4212人となったそうです。また、死者は計22人となりました。

尚、文在寅大統領が「遠からず終息する」と断言した新型コロナが、日増しに猛威を振るうことで政権を揺るがしているとの話も聞かれます。

なんでも、韓国大統領府のホームページに設けられた請願掲示板には『文在寅大統領の弾劾を要求します』というタイトルの請願文が掲載。

韓国では新型コロナウイルス発生当初から、中国から韓国内への人的流入を禁止すべきという声が絶えず起こっていましたが、文在寅政権は武漢をはじめとする湖北省からの渡航に対してのみ入国制限措置を実施しました。

中国ばかり気にする文在寅大統領を韓国大統領と思えないと言われ、「名誉中国人」「中国福祉部長官」との揶揄を受ける事態となっているようです。

決して日本も他人事とは言えない気がしますが、とにかく一日も早い感染の落ち着きとともに治療薬の開発が期待されるばかりです。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事