新型コロナウイルス、感染者数が20,000人を突破!

新型コロナウイルス、感染者数が20,000人を突破!

沈静化を見せない新型コロナウイルスに要警戒!

市場で警戒され続ける新型コロナウイルスですが、ついに感染者数は20,623人、そして死者の数は426人となりました。(2月4日午前9時45分時点)

連日、新たな関連ニュースが確認されており、事態の収束が見えないことで日に日に深刻化している印象です。

例えば昨夜は、横浜に入港するクルーズ船で香港の男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたため着岸しないまま停泊しました。

横浜に到着する前に沖縄に寄港して検疫を済ませていますが、急遽、異例の再検査を行うこととなったのです。

乗務員は約1100人で、乗客定員は約2700人。

中には体調不良を訴えている人もいるそうですが、検査結果が判明する今夜まで船内で待機となりました。

奇しくも香港では39歳の男性が新型コロナウイルスで死亡が確認されたばかりです。

乗客者は辛い思いをすることになりますが、やはり万が一の事態を考えるとここは慎重な対応が相応しいでしょうね。

昨日に続いて関連銘柄は軒並み売られる展開に!

新型コロナウイルス関連銘柄として、主にマスクや防護服、消毒薬などを扱う関連銘柄が大相場となりましたが、昨日に続いて本日も大きく売られる展開となっています。

これまでが異常な買われ方をしていましたから、そろそろ利益確定売りが出ても自然な反応かもしれません。

それにしても2日連続のストップ安といった銘柄も多く、高値掴みをした投資家は非常に苦しい展開を迎えていることでしょう。

銘柄コード 銘柄名 株価 前日比
7963 興研 2,580 -700 (-21.34%)
3161 アゼアス 1,038 -300 (-22.42%)
3604 川本産業 2,395 -700 (-22.62%)
6946 日本アビオニクス 1,419 -149 (-9.5%)
7980 重松製作所 1,630 -500 (-23.47%)
6063 日本エマージェンシー 1,242 -17 (-1.35%)
6291 日本エアーテック 961 -58 (-5.69%)
3111 オーミケンシ 683 -55 (-7.45%)
4364 マナック 1,114 -400 (-26.42%)

※上記株価は13時現在のものとなります。

いまだ事態の鎮静化は見えないため、今後も折に触れて人気化も考えられるでしょう。

ただし、こうした銘柄は短期資金を集めて株価を急変させる投機的な運用であることも忘れてはなりません。

迂闊に手を出すと大ケガする恐れもありますが、少なくとも当面は監視しておく価値はありそうです。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事