イランによるイラク駐留米軍へのミサイル攻撃で株価急落

イランによるイラク駐留米軍へのミサイル攻撃で株価急落

イランの報復で日経平均は一時600円安に!

本日、日本時間の午前7時半頃、イランがイラクに在留するアメリカ軍に対し、十数発の弾道ミサイルを発射したことが明らかになりました。

アメリカ軍は今月3日、トランプ大統領の指示によりイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害しており、イランはこれを激しく非難し今回の報復に繋がった恰好です。

昨日、イランのロウハニ大統領は「敵対的なアメリカのやり方は、必ず報いを受けることになる」とアメリカへの報復措置に踏み切る恰好を示唆。

これに対しアメリカのトランプ大統領も「われわれは完全に準備はできている」と報復をけん制していましたが、本日イランは報復を開始することとなりました。

現在、情報が錯綜しており、イラン革命防衛隊によるとアメリカ兵を30人殺害したとの発表が確認される一方で、犠牲者は出ていないといった話も聞かれます。

なんでもトランプ大統領に事前に連絡されており、攻撃箇所から事前に引き上げていたなんて話も。

他にもイランは第2次攻撃を開始したとの報道まで確認されていますが、現時点では何が事実かわかりません。

今回のイランの報復措置に対してアメリカが報復せねば手打ちに?

情報が錯綜する中、10時半頃にアメリカとイランの今後を大きく左右する話も聞かれました。

それは、イランは今回の攻撃に対するアメリカの報復がなければ、今後の報復措置はやめるといったもの。

ただし、アメリカが報復に出たならイランはさらに広範囲に広がり攻撃するといったものです。

その後、トランプ大統領はテレビ演説を中止。

現在、米国首脳が今回の報復行動に対してどうすべきか協議中なのかもしれませんね。

これまでのトランプ大統領の言動から考えると、報復行動に出るもの可能性が高いと見ていましたが、さらなる被害拡大を防ぐためにも手打ちとするかもしれません。

神経質な相場であるだけに今は続報を待つべきでしょうね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事