リチウムイオン電池を開発した吉野彰氏が「ノーベル化学賞」を受賞!!関連銘柄に恩恵は…?!

リチウムイオン電池を開発した吉野彰氏が「ノーベル化学賞」を受賞!!関連銘柄に恩恵は…?!

吉野彰氏が日本人8人目の快挙「ノーベル化学賞」受賞!!

2019年「ノーベル賞」受賞発表が10月7日より始まりましたが、「ノーベル化学賞」を旭化成の名誉フェロー「吉野彰氏」が受賞しました。日本人がノーベル化学賞を受賞するのは8人目の快挙だそうです。

吉野氏は電気自動車やスマートフォン、ノートパソコンなどに広く使われ、蓄電池としても活用が進む「リチウムイオン電池」を開発した人物で、2017年10月から旭化成名誉フェローに就任しています。

「リチウムイオン電池」は大容量の電気を溜めれる事から、電気自動車への利用が進んでいるほか、太陽光発電・風力発電など、化石燃料を使わない社会の実現に向け、地球環境に優しい技術として高く評価されています。

今後が期待されるリチウムイオン電池ですので、関連銘柄の動向が気になるところでしょう。「ノーベル化学賞」の受賞発表後は、夜間取引が可能なPTSで、リチウムイオン電池関連銘柄が盛り上がりを見せていました。

「ノーベル化学賞」で注目のリチウムイオン電池関連銘柄

【3407】旭化成
名誉フェロー吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞。
【4080】田中化学研究所
リチウムイオン電池の正極材料が主力。
【3891】ニッポン高度紙工業
リチウム電池用セパレータを手掛ける。
【6246】テクノスマート
リチウムイオン電池電極製造装置を手掛ける。

気になる銘柄を記載してみましたが、関連銘柄は他にも沢山あるので正直どれを選べば良いか迷いますよね。そんな時には専門家の意見を聞いてみるのも1つの手ではないでしょうか。

今回は「ノーベル化学賞」を受賞した事からリチウムイオン電池関連銘柄に注目してみましたが、毎年「ノーベル賞」の発表は行われますし、来年の有力候補などを絞って聞いてみても参考になると思います。

個人投資家なら必見!!無料情報が超使える株サイト3選

消費税増税も間近に迫っていますし、2019年下半期で急騰株に先回りしたいと考えるなら、一旦ここでポートフォリオや情報収集源の見直しをしておくべきでしょう。

この時期にどれだけ有力な情報を駆使する事が出来るかで、2019年下半期収支の方向性は定まって来るかもしれません。自分で情報収集するだけではなく、時には相場のプロにも見解を求めておくのが株式相場を上手く立ち回る為のコツです。

ちなみに皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事