5Gスマホはいつから使えるの?各キャリアで使える地域に「差」があるって本当?

5Gスマホはいつから使えるの?各キャリアで使える地域に「差」があるって本当?

中国ファーウェイが5G対応スマホの販売開始

既に天井を迎えたとされるスマートフォン市場ですが、次世代型通信規格「5G」に対する期待感が強まっています。既に米国や韓国では世界に先駆けて5Gサービスが始まっていますが、順調に「5G」対応機種の販売台数も伸びています。

そんな中、中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)は9月16日に5G対応スマートフォンの販売を中国で開始しました。同社が中国で5Gスマホの販売をするのは初めてとなります。販売するスマホは「Mate 20 X 5G」で、価格は約9万3000円。

ファーウェイは5G基地局設備で世界最先端の技術を持つとされていますが、同社がスマホなど消費者向け端末の販売を開始した事で、いよいよ世界で5G時代が本格化してきましたね。

日本ではいつから5Gスマホが始まる?

日本での「5G」本格提供開始は2020年春をが予定されています。サービス開始時期は以下の通り。

NTTドコモ:2020年春
KDDI:2020年3月
ソフトバンク:2020年3月頃
楽天モバイル:2020年6月頃

各キャリア共に5G基地局の設置を急ピッチで進めていますが、4大キャリアが基地局の設備に使う投資額や、2024年度末までの基地局5G展開率は以下の通りです。

NTTドコモ:投資額7950億円/展開率97%
KDDI:投資額4667億円/展開率93.2%
ソフトバンク:投資額2061億円/展開率64%
楽天モバイル:投資額1946億円/展開率56.1%

NTTドコモやKDDIに比べて、ソフトバンクや楽天モバイルは少々水を開けられている印象ですね。総務省は5G網を早急に整備したい考えで、自動運転や遠隔医療、スマートシティ化の基盤技術を整えたい方針です。5Gの普及は最早、国策と言っても過言ではないですね。

4Gと5Gのシェアはいつ逆転する?

2023年には4Gスマホと5Gスマホのシェア率が逆転すると予想されています。天井を迎えたとされるスマートフォン市場も、次世代通信規格「5G」の登場によって買い替え需要が拡大し、再度成長が見込めそうです。

2019年から2023年に掛けての年平均成長率は179.9%と予想されており、各年数の世界の出荷台数は以下の台数が見込まれているそうですよ。

2019年:1300万台
2020年:1億6400万台
2021年:3億9300万台
2022年:5億8200万台
2023年:7億7400万台

尚、2023年における地域別の出荷台数は中国が2億6300万台、北米が1億4500万台、日本を含むアジア太平洋地域は1億3500万台が見込まれています。

次世代通信規格「5G」の普及は、まずはスマートフォン市場が牽引する事になるでしょうし、世界的には既に5Gサービスが始まっていますので、2020年春の日本でのサービス開始には株式市場でも大きな注目を集める事でしょう。

特に次世代通信規格「5G」は大本命のテーマ株、色んな情報にアンテナを張っておきたいですね。

2019年下半期は株式市場で賢く立ち回りたい

気が付けば2019年も半分を過ぎましたが、読者の皆様は2019年現時点での収支成績はどうでしょうか?

イマイチ上手く行っていないという方は、ここから一気に巻き返しを狙いたいところですよね。2019年下半期こそは急騰銘柄を先取りして、大幅プラス収支を目指してみたいとお考えの方も多いと思います。

その為にオススメしたいのが「情報収集源の見直し」と、「本当に頼りになる株サイトを見つけておく」事。これをちゃんとしておくだけで、年間収支は驚く程上昇する可能性もありそうですよ。

ちなみに、皆様は「投資顧問サイト」を利用された事はありますか?

株の専門家集団が組織的に情報収集や旬のテーマ株などの情報を毎日まとめて発信してくれるので、日々の情報収集にとても便利なんですよ。しかも今は、こういうサイトは無料でガンガン良い情報を発信してくれるので、使わないと勿体ないレベルなんです。

今回、読者の皆様と共有したいのが《あすなろ投資顧問》という株サイト。

 

 

《あすなろ投資顧問》は、「カブタン」や「みんなの株式」に掲載されたり、あの「YAHOOファイナンス」投資の達人ランキングに専属アナリストが度々選出されたりと、「実力派」の投資顧問サイトとしてとても役に立ちそうなサイトなんですよ。

下記は《あすなろ投資顧問》が無料紹介銘柄として配信した推移の一部ですが、ご覧の騰落率。ここは本当に凄腕の株サイトかもしれませんよ。ご注目下さい。

▼ご参考高値騰落率TOP3

【2164】地域新聞社
2018年9月4日配信時株価:619円
2018年11月6日配信後高値:5000円
※高値騰落率+707.75%!!
【3195】ジェネレーションパス
2018年8月20日配信時株価:547円
2018年12月27日配信後高値:1793円
※高値騰落率+227.79%!!
【9425】日本テレホン
2018年8月16日配信時株価:446円
2018年8月23日配信後高値:1325円
※高値騰落率+197.09%!!

▼ご参考安値下落率TOP3

【4833】ばど
2018年9月19日配信時株価:506円
2018年12月25日配信後安値:151円
※安値騰落率-70.16%
【6562】ジーニー
2018年9月28日配信時株価:1667円
2018年12月25日配信後安値:402円
※安値騰落率-75.88%
【4592】サンバイオ
2018年11月29日配信時株価:8710円
2019年2月5日配信後安値:2401円
※安値騰落率-72.43%

上記は《あすなろ投資顧問》が実際に無料で配信した銘柄の中から上昇率TOP3と下落率TOP3の計6銘柄を抜粋したものです。上昇した銘柄だけではなく、下落してしまった銘柄もちゃんと明記している辺りは、とても好感が持てますよね。

注目したいのは下落率に対して上昇率が大きく上回っている事です。「勝ちのメリットを大きく、負けのメリットを小さく」する事を目標にしているあすなろ投資顧問ならではの推移だと思います。

株式投資である以上、「確実な勝利」こそ約束出来ませんが、こうして「大きく勝つ」「小さく負ける」を繰り返す事で、収支はグッと安定して行く事になると思います。《あすなろ投資顧問》を利用している方は相当優位に相場を立ちまわれていると思いますよ。

2019年下半期こそ安定した収支を実現したいとお考えの方は、今の内に「本当に頼りになる投資顧問サイトを見つけておく」事を推奨します。これ本当に大事なので。

特に《あすなろ投資顧問》は実力派の投資顧問サイトとして情報力・分析力がありますので、本当にオススメ。また無料で利用出来るコンテンツが充実しているのも推しポイントの一つです。

《あすなろ投資顧問》に無料登録すると利用出来る無料コンテンツ

銘柄・市況情報:注目の銘柄やアナリストの厳選株、分析レポートなど
新規特典5銘柄:毎日1銘柄(最大5銘柄)の無料厳選情報
メルマガ配信:最新の注目情報やレポートなど
銘柄相談:保有中の銘柄や気になる銘柄の相談をアナリストが的確に返信

無料登録するだけで、これだけ好待遇で利用出来ます。しかも今は「カブタン」「みんなの株式」掲載記念として、あすなろ投資顧問サイト内で利用出来る「5000円分のポイント」をプレゼント中です。これはラッキーですね。登録がまだの方は今がチャンスだと思います。

▼【簡単利用方法】

1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「厳選5銘柄」を受け取れます(1日1銘柄5営業日で5銘柄受け取れます)
3,後はメルマガで定期的に無料情報を配信してくれる

 

※無料メール登録と同時に料金が発生したり不正な勧誘が行われる事は一切ありませんのでご安心下さい。

また《あすなろ投資顧問》ではYOUTUBE展開も行っている投資顧問サイトです。下記の動画で2019年8月の相場観と戦略について解説してくれていますので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

↓↓

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事