米フェイスブック仮想通貨「リブラ」発表でどうなる仮想通貨業界?!

米フェイスブック仮想通貨「リブラ」発表でどうなる仮想通貨業界?!

米フェイスブックが仮想通貨「リブラ」発表!!

「GAFA」の一角、米フェイスブックが新たな仮想通貨(暗号資産)「リブラ」を発表した事で大きな注目を集めています。世界27億人のユーザーが潜在的な顧客基盤となりますので、決済手段として世界中で普及する可能性がありそうですね。

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」は2020年にサービス開始を予定しており、フェイスブックの対話アプリ「メッセンジャー」や「ワッツアップ」などに対応するそうです。利用者は仮想通貨「リブラ」をドルや円と好感し、メッセージを贈る感覚で利用者間送金を行ったり、買い物や決済などに利用が出来ます。国際間送金もスピーディーに行う事が出来るとの事。

ライドシェア最大手の米ウーバーや音楽配信のスポティファイなど人気サービス企業を揃え、米マスターカード、米ペイパルなど決済大手や送金業者も含め、運用開始時には100の企業・団体が加わる見通しです。流石「GAFA」の一角ですね、規模がとんでもなく大きそうです。

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」と、従来の仮想通貨との大きな違いは下記2点です。

価格が安定 米ドルやユーロ、円などの預金や国債を裏付けにしている為、価格の乱高下が起こり難いです。
マイニング(採掘)が無い 従来の仮想通貨のようにマイニング(採掘)の概念は無く、法定通貨と交換する事で初めて増える事になります。

尚、1秒あたりの送金の処理件数はビットコインが7件に対して、「リブラ」は発行当初、1000件ほど可能になるそうです。数万件の処理が可能なクレジットカードには及ばないながらも、今後の改善にも期待が出来ると思います。

「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業からはフェイスブックの他にも、米アップルがクレジットカード事業へ参入しています。決済や金融といった分野にも巨大IT企業が手を広げて来ました。フェイスブックが仮想通貨事業に参入した事をキッカケに、米アマゾンや米グーグルも追従する可能性もあるかもしれません。

何れにしろ仮想通貨業界はGAFAの一角、米フェイスブックの参入で劇的に状況が変わりそうです。従来の仮想通貨の存在価値や、今後の生き残りを掛けた開発競争なども激化するでしょう。

ブロックチェーンの技術進化の影響についても国際的な議論が始まっており、主要国の金融当局でつくる金融安定理事会は6月に報告書をまとめていて、バブル発生の防止や効果的な規制のかけ方、消費者保護や資金洗浄の防止などが論点となっています。6月末に日本で開催される「G20 大阪サミット」でも仮想通貨の今後については議題に挙がる予定です。

2020年からは、いよいよ「仮想通貨・実需の時代」が到来する事になりそうです。仮想通貨関連銘柄への人気も再燃するかもしれません。要チェックですね。

令和は激動の時代へ…株式相場でもチャンスが多そう

米中貿易戦争は「新冷戦時代」を予感させる状況となり、またイランを巡る中東情勢もきな臭いですし、「令和」の時代は「激動の時代」になりそうですね。株式市場は波乱時こそチャンスが多いので冷静な立ち回りをしたいところです。

いずれにしろ今は新しい時代への節目の時期なので、このタイミングで推奨したいのはポートフォリオの見直しや情報収集ツールの見直し作業。

特に令和元年相場で大幅なプラス収支を目指してみたいとお考えの方に推奨したいのが「本当に使える投資顧問サイトの情報」を駆使する事です。

読者の皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

令和相場こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事