《噂》米アップルが【7974】任天堂買収の動き?!米紙報道

《噂》米アップルが【7974】任天堂買収の動き?!米紙報道

《噂》米アップルが【7974】任天堂買収の動き?!米紙報道

2019年に本気でテンバガー級の急騰株を狙える!!詳細はコチラ≫

2019年3月19日に米国グーグルがクラウド型ゲームサービス「STADIA(ステイディア)」を年内に提供開始すると発表した事で、ゲーム業界に大きな注目が集まっています。特に【7974】任天堂は4月5日に前日比3.1%高まで上昇し約2カ月ぶりの高値を付ける事となりました。

スイング注目株【7974】任天堂

時価総額:4,372,727百万円
4月5日時点株価:33,210円
年初来高値:34,630円(19/01/21)
年初来安値:27,420円(19/01/04)

5日の任天堂株の売買代金は前日比1.7倍の740億円で、この日の東京証券取引所第1部で首位だったそうですよ。

ゲームセクターは景気の景況を受けづらい傾向で、米中貿易摩擦や英国EU離脱問題、地政学リスクといった外的要因を受け難い強みがあります。またマネーゲーム感覚で投資を行う個人投資家が多く参入しているセクターなので、任天堂のような大型株でも値動きが大きいのが特徴。

任天堂が2019年夏に「スイッチミニ」を発売?!

米グーグルが発表したゲーム機を介さないクラウド型ゲームサービス「STADIA(ステイディア)」の登場で、任天堂やソニーは窮地に立たされるのではないかと言った思惑も拡がっていますが、特に任天堂の場合はハイスペックな家庭用ゲーム機よりも、気軽に持ち歩ける「携帯ゲーム機」の方が得意分野と考えるべきでしょう。

任天堂が手掛けた携帯ゲーム機「3DS」は日本国内だけで2476万台、全世界で7484万台の大ヒット商品となっています。やはり気軽に持ち歩ける携帯ゲーム機は任天堂の十八番といったところでしょうか。

また米国のWSJ報道によると、任天堂は早ければ2019年夏にも家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の新型モデル2機種を発表すると報じています。内1機種は価格を抑えた携帯型ゲーム機「3DS」の後継機となる、携帯ゲーム機版「スイッチミニ」になると予想されています。これも大ヒット商品となる可能性が高そうですね。

米アップルが任天堂買収or提携の動き?!

また一部インターネット上では、米グーグルの「STADIA(ステイディア)」に対抗する為に、米アップルが任天堂を買収するのではないか…と言った思惑が拡がっているようです。

噂の発端は米金融専門誌「バロンズ」の『アップルよ、任天堂を買収すべし。コンテンツとプラットフォームの相乗効果に期待』とする記事を掲載した事によるものです。米アップルは1300億ドルのネットキャッシュを自社株買いと配当に充てていましたが、ティム・クック最高経営責任者は「大型の企業買収を検討している」と明言した事も思惑を生んでいるのかも。

また米WSJの記事に拠ると『任天堂の時価総額は340億ドルだ。約96億ドルのネットキャッシュを差し引き、更に50%のプレミアムを支払うと、アップルによる買収価格は約400億ドルとなる。任天堂の1年前の時価総額が550億ドルだった事を考えれば割安だ』などと掲載しているそうです。

ゲーム市場の規模は全世界で1349億ドル(15兆円)にも上り、2021年には1801億ドル(20兆円超)まで拡大すると予想されています。ここに米グーグルが参入を発表した以上、米アップルが対抗策を打たない訳が無い…と考えるのが自然かもしれません。

勿論、これは「噂」の域は出ていませんので早とちりしないように気を付けたいところではあるのですが、もし任天堂が米アップルと買収とまでは行かなくとも、提携するような事があれば、物凄い刺激材料になるかもしれないですよね。任天堂は株価が下がる度にこういった話が出ますから、それだけ魅力的なコンテンツを持つ企業なのでしょう。

ゲーム業界は米グーグルの参入で、今後大きく勢力図が変わる事になるのではないかと予想されています。【7974】任天堂【6758】ソニー、そして米アップルや米アマゾンの動きにはアンテナを張っておきたいですね。

米グーグルが参入「STADIA(ステイディア)」関連銘柄まとめ≫

テーマ株スイング攻略で大幅プラス収支を目指したい

2019年に本気でテンバガー級の急騰株を狙える!!詳細はコチラ≫

やはり近年の株式相場は「テーマ株攻略」が最も優位に立ち回れる方法なのかもしれません。この流れは今後も続いて行く事が予想されます。

そこで注目したいのが「テーマ株に強い」投資顧問サイトの情報を活用する事

読者の皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は本当に使えるサイトが増えたんですよ。

2019年は世界的な景気減速から株式市場も厳しい地合いが続く事が予想されます。そんな時に個人投資家の情報力だけでは、戦場を裸で歩くようなモノ。たまには専門家の意見も取り入れるべきでしょう。

「2019年テンバガー級の急騰銘柄を狙いたい」「年間収支で大幅プラス収支を達成したい」とお考えの方は、下記「投資顧問サイト」の無料情報だけでも試してみては如何でしょう。万全の準備を整えて2019年の株式市場に臨みたいところです。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事