有給休暇義務化で旅行関連株にビッグイヤー到来

有給休暇義務化で旅行関連株にビッグイヤー到来

有給休暇義務化で旅行関連株にビッグイヤー到来

労働人口減少などによる、慢性的な人手不足を背景に「働き方改革」に対する機運が高まっています。

働き方改革関連法が成立した事により、2019年4月から年次有給休暇の5日以上の取得が義務化される事になりました。これは、「全ての企業が年間有給休暇消費日数が5日未満の従業員に対して、会社が有給休暇を取得するべき日を指定する」という事を義務付ける内容のもので、有給休暇の取得を会社側から働きかけることで、労働者が有給休暇を取得しやすいようにする狙いがあるそうです。

有給休暇義務化の対象となる労働者

年10日以上の年次有給休暇が付与される可能性のある労働者は以下の通りです。

入社後6カ月が経過している正社員またはフルタイムの契約社員
入社後3年半以上経過している週4日出勤のパート社員
入社後5年以上経過している週3日出勤のパート社員

尚、大正となる労働者に有給休暇の指定を行わなかった場合は会社側に30万円以下の罰金が課されます。

この法整備により、有給休暇の権利を持つ社会人にとっては年間5日間の余暇が義務付けられる事となりますので、旅行関連銘柄には大きなビジネスチャンスとなりそうですね。

2019年は旅行関連銘柄にとってビッグイヤー

特に2019年は改元に伴うゴールデンウィーク10連休や、日本で開催されるラグビーワールドカップなども大きな追い風になりそうですし、海外旅行だけではなく、国内旅行も旺盛な一年になる事は間違い無さそうですね。旅行関連株や観光地に関連した銘柄はチェックしておきたいところです。

尚、スイングトレード向きの旅行関連銘柄は下記リンクからチェック出来ます。

↓↓↓

2019年上半期注目のテーマ株・旅行関連株≫

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

 

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事