スマホ決済「PayPay(ペイペイ)」の次は「LINE Pay」でも20%還元!!時流が変わった次世代キャッシュレス決済覇権争い

スマホ決済「PayPay(ペイペイ)」の次は「LINE Pay」でも20%還元!!時流が変わった次世代キャッシュレス決済覇権争い

「PayPay(ペイペイ)」100億円還元キャンペーンが終了

ペイペイ

ソフトバンクとヤフーが出資するスマートフォン決済のサービス会社「PayPay(ペイペイ)」は、2018年12月4日から開始した100億円還元キャンペーンを12月13日で終了した事を発表しました。

全ての人に購入額の2割分のポイントが還元される為に、利用者が家電量販店などに殺到、実施期間は4カ月の計画でしたが、僅か10日間で予算の100億円を使い果たす事となりました。

スマホ決済サービスの分野は「LINE」や「NTT」、「楽天」や「米アマゾン」など様々な企業が参入し、次世代キャッシュレス決済の覇権を争っています。後発となる「PayPay(ペイペイ)」は利用者増加や宣伝効果を強く見込み、今回の「100億円還元キャンペーン」でまだスマホ決済に触れた事が無かった新規の顧客層を取りこむ事に成功したのではないでしょうか。

但し、同社のシステムは利用急増に伴って複数回機能が停止するなど、脆弱性も見えました。今後、安定したサービス運用を行えるかが大きな焦点となりそうです。

今回の「「PayPay(ペイペイ)」が行ったキャンペーンの意義は大きかったのではないかと個人的には考えています。日本人が敬遠していたスマホ決済に直に触れる機会を与えた事で、その便利さを知るキッカケになったのは大きいでしょうし、政府が来年の消費税増税で導入するキャッシュレス決済でポイント還元策に対しての理解も深まったのではないかと感じます。

今後、この分野でどの企業がシェアを拡大して行くのか、興味深いところです。今は話題性で、後発の「PayPay(ペイペイ)」が一歩リードといったところでしょうか。

尚、「PayPay(ペイペイ)」の100億円還元が終わったと思ったら、次は「LINE Pay」が20%還元キャンペーンの開始を発表しています。これには「楽天」も黙っていないでしょうし、「米アマゾン」の動向も気になります。スマホ決済の覇権争いは壮絶な還元祭りとなりそうですね。消費者としては嬉しい限りです。

尚、「LINE Pay」のキャンペーンでは、支払い金額の20%相当を残高として還元する内容(還元最大5000円相当、2万5000円まで利用が対象)となるそうです。還元は2019年2月に付与される予定との事。対象店舗はローソンやファミリーマト、ジョーシン電機なども含まれているそうですよ。

後数年もすれば、長財布などは必要の無い時代がやって来るかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

市況・注目ニュースカテゴリの最新記事