Read Article

この反発はホンモノか?市場の関心は3月雇用統計へ

この反発はホンモノか?市場の関心は3月雇用統計へ

株式市場は、月曜日の16,022円58銭(先週比1069円97銭高)の大相場から、底堅い動きが続いています。不安だった中国株(上海総合)も寄りこそマイナス2.8%からスタートしたものの、不安を跳ね飛ばす結果に。

原油問題も、2月16日産油国1位サウジアラビアと2位ロシアの会合が開かれ、前進はしなかったようですが、今後サプライズが出てくる可能性はありそうです。

この反発はホンモノか?気になりますよね。

中国経済失速・原油安問題・マイナス金利にドイツ銀行の市場最大の赤字計上など不安要素は山積みです。悲観的すぎるのもどうかと思いますが、このリバウンドは一時的なもので、上がれば上がったで、上から叩かれそうな気がしてなりません…

金融緩和という延命治療をしてきましたが、市場は、もうとっくに限界を超え悲鳴を上げていんだと思います。でなければ、これほど市場が急変することはないはずですからね。

次の市場の関心は、一ヶ月後の3月17日の開かれるFOMCで追加利上げを発表するかどうかです。市場は3月追加利上げの可能性は薄いとみていますが、失業率が下がったり、米経済の成長の兆しが見られれば、多少弱含みの状況でも強行してくる可能性もあります。

そこで注目されるのが、3月4日の雇用統計ですよね。

何があるか分からないのが相場ですが、3月4日までは市場はダラダラと方向感のない動きをするのではないかと思っています。2月後半戦は、やや上昇強めのレンジ相場を想定して、下から上にトレードしようかなと考えています。ただ、急落する恐れもあるので、損切り早めに細かく利益を確定させていくような方法を取ろうと思っています。

こういう相場の時は、こうやってトレードしてるよ!みたいな工夫している事があれば是非教えてくださいね!

<管理人自己紹介>
株・FX・コモディティ(原油・金)投資をメインでやっています。2017年に入ってからはビットコイン投資(仮想通貨)をはじめました。なんやかんや相場歴は12年ほどになりました。買いも売りも両方やります。

テクニカル分析(チャート分析)をして、基本的にはチャートに根拠がなければ出来るだけエントリーしないようにしています。ただし、旬な話題株・テーマ株など、資金が向かいそうな銘柄の場合は勢いで飛び乗ることも。スイングトレードの銘柄選びは、主に「スクリーニング銘柄」「話題株・注目株」「投資顧問銘柄」が中心です。ここ数年は、一年に数回訪れる大相場の時は積極的にリスクを取り、それ以外の時はポジションサイズは小さく、リスク管理第一の運用を心掛けています。目標年間リターン30%~、2017年上半期は+19%ほどで折り返しました。

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

おすすめ投資顧問/ファーストリッチ投資顧問

ファーストリッチ投資顧問

元証券取引所委員・元日興証券の鳥丸好一さん率いる精鋭が運営する株情報サイトです。鳥丸好一さんは、証券業界歴30年というツワモノで、現役を引退した後も積極的に株式相場の最前線で活躍されている方で、その情報網は業界随一のようです。口コミサイトなどで調べてみたところ、”ここの情報は他と全然違う”と、個人投資家さんの間でも話題になっていました。

【登録無料】このサイトを利用する

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top