【相場考察】2017年のスイングトレード戦略と注目銘柄

【相場考察】2017年のスイングトレード戦略と注目銘柄

こんにちは株スイング投資COMの管理人のヤスです。
久しぶりの更新になってしまいましたが、このビックウェイブには乗れましたか?

日経平均、ダウ、円相場は頭打ち感が出てきました。個別銘柄をみると新興市場でピンピンしてる銘柄が多数ありますので、もうひと粘りできるのかもしれませんが、ちょうどいい頃合いなので私は一足早く今年の取引を終えました。

テクニカルで見ると、日経平均株価は11/8にトランプショックで付けた安値(16,801円98銭)から、一気に17,500円付近の抵抗帯をブレイクアウトして、約1ヶ月ほどで3,000円も値を上げたことになります。

その背景にはトランプ次期大統領への期待、米利上げによるドルキャリー等によって為替変動が生じたため、ドル高と相性の良い日本株に外国人マネーが戻ってきたことが大きいと思います。

また、トランプのインパクトが強すぎて陰に隠れてしまっていますが、2016年の株式市場を低迷させていた原油を取り巻く問題や中国経済の不安感が後退していることに加え、さらに、政府日銀のETF買い支えによる直接的な、また間接的な影響によって株価を押し上げてきました。

【相場考察】2017年トランプ期待は崩れる可能性もある。

私は、テクニカル重視でダウ理論を軸にトレードしていますので、これ以上突っ込んだ経済事情は知ろうと思いませんが、テクニカルトレーダーであっても最低限の金融市場の変化を把握しておくことは重要だと思っていて、だいたい四半期ごとくらいに相場考察をするようにしていますので、今年最後の考察をしてみたいと思います。


アメリカの気分次第になることは間違いなさそうですが、2017年のことは全く分かりません(苦笑)

FOMACは「米経済は緩やかに拡大している」と発表し、米利上げ予想を2回から3回に上方修正していますし、日銀のETF買入れやら、OPECの原油減産合意やらありますので、トレンドは継続して行きそうだというのが大方の見方だと思われます。

ただし現在の相場は、多くの期待が先行して出来上がった仮の姿ともいえます。雨降って地固まるではありませんが、既に期待を目いっぱい織り込んだ市場が、もう一段階、二段階うえに行くには、その期待を吸収する揉み合いが少なからず必要です。

大和証券の試算では、115円/ドル・125円/ユーロでPER16倍なら21200円、 120円/ドル・130円/ユーロでPER17倍なら23200円としていましたが、トントン拍子に上がっていくことは考えにくく、トランプ新政権のほころびが出てこようものなら、それなりの急落劇は起こるだろうという筋書きをもってトレードしようと思っています。

2017年のスイングトレード戦略と注目銘柄

トレンドはしつこく追うのが信条ですが、さすがに頭打ち感が出てきたので暫く様子見します。1月20日にオバマ大統領の任期が終了しトランプ次期大統領にバトンタッチするわけですが、2月、3月頃に面白い相場が来ないかなーと個人的には期待しています。

今後も高値を追ってスイングトレードをするなら高値圏にあることを念頭においた上で押し目を狙っていくトレンドフォローのセオリー通りにトレードしていくことだと思います。よくやってしまいがちなのが、値ごろ感からの逆バリです。もうそろそろ下がるだろうでトレードしないことです。

2017年度注目テーマと注目銘柄

年初は暫く様子を見ると書きましたが、ただ、全くトレードしないかと言えばそうではありません。積極的に注視していきたいテーマは、『トランプ関連』 『円安関連』 、あとは、急成長市場のビックテーマ 『人工知能関連』『自動運転関連』あたりですかね。 また、新興国通貨からのドルキャリーは顕著なので対ドルを狙ってFXはやっていくと思います。

『トランプ関連銘柄』

コマツ(6301)
日立建機(6305)
タダノ(6395)
竹内製作所(6432)
信越化学工業(4063)
太平洋セメント(5233
大和工業(5444)
住友金属鉱山(5713
三菱マテリアル(5711)
ファナック(6954)
NEC(6701)
日本製鋼所(5631)
三菱電機(6503)

『円安関連銘柄』

トヨタ自動車(7203)
日産自動車(7201)
三菱重工業(7011)
川崎重工業(7012)
任天堂(7974) など

『人工知能関連銘柄』

トヨタ自動車(7203)
ソフトバンクグループ(9984)
富士ソフト(9749)
FRONTEO(2158 東マ)
日立製作所(6501)
ソニー(6758)
カドカワ(9468)

『自動運転関連銘柄』

日産自動車(7201)
トヨタ自動車(7203)
ホンダ(7267)
ゼンリン(9474)
パイオニア(6773)
アイサンテクノロジー(4667)
ディー・エヌ・エー(2432)
テクノスジャパン(3666)
ソニー(6758)
日本電波工業(6779)
日本セラミック(6929)
モルフォ(3653)
日本電産(6594)
村田製作所(6981)

※比較的デカめの有名どころを抜粋。

『注目為替ペア』

円/ドル
ユーロ/ドル
豪ドル/ドル
NZドル/ドル
トルコリラ/ドル

断トツおすすめ株情報サイト グラーツ投資顧問

グラーツ投資顧問/総評

何といってもこのサイトは「ボビーオロゴン」氏がイメージキャラクターを務めています。ボビーオロゴン氏といえば、芸能活動の他に凄腕の投資家・実業家としても有名ですよね。既に成功されている方ですし、信頼出来る株サイトでなければ、ボビー氏はこの仕事は受けないと思うんですよ。その点でも《グラーツ投資顧問》は信頼出来るサイトと考えられると思うんですよね。

無料で推奨された銘柄がスゴイ!!

どうせ株サイトを利用するなら、そのサイトがどれだけ無料情報に力を入れてくれているかを重視される方も多いと思います。その点、グラーツ投資顧問は無料情報の推移が凄いのですよ。

グラーツ推奨銘柄でスイングトレードするのがオススメ!

【3185】夢展望
推奨日:4月24日
推奨時株価:603円
高値時:2,610円【上昇率332.84%】
【3667】enish
推奨日:4月28日
推奨時株価:900円
高値時:3,760円【上昇率317.78%】
【6628】オンキョー
推奨日:5月26日
推奨時株価:126円
高値時:324円【上昇率157.14%】

上記は全て、グラーツ投資顧問が「無料」で推奨した銘柄です。また2017年1月~11月の11ヶ月間に区切った期間とはいえ、無料で推奨した銘柄の7割以上が最低でも+10%以上の上昇をした実績も有るのが推しポイント。

特に「無料銘柄情報」「相場先読みレポート」「無料銘柄相談」など、とにかく無料で利用出来るコンテンツが多いのが特徴です。大化け株を初動で推奨するのが得意な投資顧問なので、メルマガは毎日読むようにしています。

インターネットベースの投資顧問って、なかなか長期的な目線で会員をフォローしてくれないことが多いんですが、グラーツ投資顧問なら安心できそうです。既に、投資顧問を利用しているという方は、乗り換え候補に検討してみては如何でしょうか。スイングトレーダー、ポジショントレーダーにお勧めします。

登録直後に無料で推奨株を配信してくれるので、今スグ狙い目の銘柄を知りたい方にお薦めです!

胡散臭いサイト紹介してる?と思われても嫌なので一応書いておきますが、金融庁にきちんと届け出を出している株サイトなので安心してください。知りたい銘柄情報が来ないなーと思ったら退会すればいいだけですしね。

下記ページで、おすすめ無料株情報サイト3選(2019年最新版)と題して、私が使えると思った株情報サイトを他にも紹介しているので、気になった方はチェックしてみてくださいね!

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

相場考察カテゴリの最新記事