Read Article

どちらにブレイクする?日経平均17,000円、円相場104円の攻防戦の決着は?

どちらにブレイクする?日経平均17,000円、円相場104円の攻防戦の決着は?

Photo:Bloomberg

久々の更新になってしまいました。

というのも、ここ最近はずっとポンドがボーナス相場だった影響で、為替メインでトレードしていて、株式投資の情報収集をサボっていました・・・

日経平均株価は17,000円の心理的にも大きな壁に差し掛かり、円相場の戻りも104円付近が壁になっているようです。ロンドン時間に入って、やや円安基調になっていますが、104円は9月のネックラインになるところです。

週足レベルの大きな波のレジスタンスラインになるので、心理的節目でもある104円付近は、そう簡単に崩れないような気がしています。あっさり突破する可能性は当然ありますが、それなりに揉み合う展開を予想しています。

ここを越えてくるようだと、105~106.5円付近が次の目標になってくるでしょうか。跳ね返されるようだと絶好の逆張りポイントに見えますが、いずれにしても揉み合って貯め込んだパワーを、どちらに吐き出すのか、ちょっと個人的には、面白いポイントに差し掛かってきたと思っています。

お騒がせのポンドは、英中銀金融政策委員会のマイケル・ソーンダーズ委員が「英経常赤字が続いていることや規模を踏まえると、ポンドがさらに下落しても驚きではない。一段安となる可能性は全く分からない」と述べたようですが、対ドルチャートを見ると、どこまでも下落し続けそうに見えますね。

さすがポンドといった感じですが、どこまで下落するんでしょうか・・・^^;

<管理人自己紹介>
株・FX・コモディティ(原油・金)投資をメインでやっています。2017年に入ってからはビットコイン投資(仮想通貨)をはじめました。なんやかんや相場歴は12年ほどになりました。買いも売りも両方やります。

テクニカル分析(チャート分析)をして、基本的にはチャートに根拠がなければ出来るだけエントリーしないようにしています。ただし、旬な話題株・テーマ株など、資金が向かいそうな銘柄の場合は勢いで飛び乗ることも。スイングトレードの銘柄選びは、主に「スクリーニング銘柄」「話題株・注目株」「投資顧問銘柄」が中心です。ここ数年は、一年に数回訪れる大相場の時は積極的にリスクを取り、それ以外の時はポジションサイズは小さく、リスク管理第一の運用を心掛けています。目標年間リターン30%~、2017年上半期は+19%ほどで折り返しました。

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top