Read Article

【スイングトレードアイデア】しばらく相場は横ばいか?今後のスイング手法を考える

【スイングトレードアイデア】しばらく相場は横ばいか?今後のスイング手法を考える

東京株式市場は、介入期待もあってか、日経平均株価は前場引け時点で、前日比+357.19円と反発しています。

人の行く裏に道あり花の山

大きな急落が起こる度、なぜか分かりませんが【人の行く裏に道あり花の山】という投資格言が浮かびます。

相場の世界では人と同じ事をしていては儲けることは出来ない。大きく売り込まれて総悲観になって誰もが買いたくないときに安く仕入れ、地合が良くなりドンドン株価が上がってまだまだ騰がると総楽観になって誰もが保有株を手放したくないときに売ると、投資は成功するという経験則に基づいた格言。

相場の原則は「大勢が嫌がる方向に進むもの」と経験から教わりました。その理由はポジションの偏りです。総楽観で皆が買いまくれば、ポジションは買いでパンパンになります。後を追随して買う人がいなくなりますので、いずれ下落するしかなくなります。総悲観もまたしかりです。

では今が底なのか?買い時なのか?ということなんですが、今回の英国EU離脱ショックの「底の深さ」は図り知れません。

いかにも買戻しが入りそうな局面ですが、それこそ皆と同じ考えであって、裏をかけばもっと下がるのでは?という見方も出来てしまいます。現在のセンチメントをひっくり返すような、よほどの出来事ががあれば別ですが、今回のEU離脱問題の余波が、どれほど広がるのかは全く想像できませんし、大きく戻ることも考えにくい気がします。

いくら、政府・日銀が介入を仄めかす発言をしても(実際に介入したとしても)、短期的な回復はあっても、その買いは未来の売りの肥やしになるだけで、中長期的には、もっと下落する可能性の方が高いんじゃないかと思っていますが、どうでしょうか。

ほんと予測の難しい相場ですねー。

人の行く裏に道あり花の山から思うスイングトレード手法

風向きが変わったら考えを改めるまで!ということで、中長期では「下降トレンド継続」という見かたは変えずに、この筋書きをベースにトレードを組み立てていけばいいかなと思っています。

上に行けば戻り売りが入るでしょうし、下に行き過ぎれば介入期待の買いが入りそうですから、結局は値幅の激しいレンジ、横ばい相場が続くとみています。狙い目の銘柄は、外部要因を受け難い、ディフェンシブ銘柄、内需株を中心に狙っていくのが王道でしょうか。

ただし注意しなければならないのは、海外でのリスク要因によって相場が大きく左右されています。東京時間外の出来事が相場に反映されますので、かなり持ち越しリスクが高いことは変わりません。

リバ狙いはチャンスでもありますが、場中に相場をあまり見れない方は、リスクを第一に考え、手を出さないのが一番だと思います。

<管理人自己紹介>
株・FX・コモディティ(原油・金)投資をメインでやっています。2017年に入ってからはビットコイン投資(仮想通貨)をはじめました。なんやかんや相場歴は12年ほどになりました。買いも売りも両方やります。

テクニカル分析(チャート分析)をして、基本的にはチャートに根拠がなければ出来るだけエントリーしないようにしています。ただし、旬な話題株・テーマ株など、資金が向かいそうな銘柄の場合は勢いで飛び乗ることも。スイングトレードの銘柄選びは、主に「スクリーニング銘柄」「話題株・注目株」「投資顧問銘柄」が中心です。ここ数年は、一年に数回訪れる大相場の時は積極的にリスクを取り、それ以外の時はポジションサイズは小さく、リスク管理第一の運用を心掛けています。目標年間リターン30%~、2017年上半期は+19%ほどで折り返しました。

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top