Go To イート関連銘柄 委託事業者発表で続々急騰!

Go To イート関連銘柄 委託事業者発表で続々急騰!

Go To イート関連銘柄 委託事業者発表で続々急騰!

昨日25日、農林水産省はGo To Eat(イート)について、計48の委託事業者が決定したと発表しました。

食事券発行事業者は36の地域から56件の応募があり、35商工会議所が採択。

オンライン飲食予約事業者は18件の応募があり、「ぐるなび」「カカクコム」「ヤフー」など13件が採択されたようです。

尚、Go To イートとは、新型コロナの感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援することを目的としたキャンペーンです。

先月22日には観光業界の支援を目的としたGo To トラベルが始まりましたが、今回のGo To イートでは飲食業がその対象となるわけですね。

ちなみに、帝国データバンクによると、新型コロナを原因とした業種別倒産上位(8月25日時点)は、1位が「飲食店」の64件、2位が「ホテル・旅館」の52件です。

同キャンペーンによって少しでも利用者が増え、苦しい状況が緩和されると良いですね。

そんなGo To イートですが、昨日の発表を受けて本日は様々な関連銘柄が物色される一日となりました。

銘柄コード 銘柄名 本日終値 前日比
6558 クックビズ 1,324 +300 (+29.29%)
7625 グローバルダイニング 223 +50 (+28.9%)
3223 エスエルディー 686 +100 (+17.06%)
7687 ミクリード 1,075 +150 (+16.21%)

中でも、本日ストップ高をつけた上記4銘柄に注目です。

関連性のやや薄い思惑や期待で買われたものもありそうですが、やはり株価面へのインパクトを考えると、時価総額や株価水準、直近の推移などから個人投資家を中心に人気を集めたのでしょうね。

尚、昨日から買いを集めていた「食べログ」を運営するカカクコム(2371)や、「ぐるなび」運営のぐるなび(2440)なども堅調な展開を見せています。

最近は地合いも良好ですし一過性ではない大きなテーマとして、当面は物色されるかもしれません。

特に、Go To イートは国内の感染状況を元に開始時期を見定めた結果、当初予定の8月下旬から遅れていることで、良くも悪くも今後も関連する話題が飛び交う可能性は高いです。

例えば、食事券事業は9月中に2次公募を実施する予定とされていますし、今後も同話題から注目を集める可能性ありと見て監視する価値はありそうですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事