KeyHolder(4712) 子会社役員がわいせつ逮捕で買い場に!?

KeyHolder(4712) 子会社役員がわいせつ逮捕で買い場に!?

KeyHolder(4712) 子会社役員がわいせつ逮捕で買い場に!?

昨日28日、KeyHolder(4712)の子会社である株式会社ゼストの取締役が未成年へのわいせつ行為によって逮捕されました。

この報道を受けて株価は失望売りを招き、一時は前日終値137円に対して-34円(-24.8%)と急落。

その後、株価は多少戻しましたがプラス圏には程遠く、最終的に終値は前日比-25円(-16.8%)の112円と大幅安で取引を終える一日となったのです。

株式会社ゼストといえば人気アイドルグループ「SKE48」を筆頭に多数のアイドルやアーティスト抱え運営しています。

今年6月には株主優待を変更し、所属アイドルやアーティストのライブやイベント、グッズなどの優先申し込みや優先購入、オンラインチャットの参加などを発表していました。

また、6月末までに保有しつつ12月末まで保有(半年以上の継続保有)していた株主には、基準日変更による影響を勘案した内容も別途検討しているとの発表もあり、多くのアイドルファンが株主になった模様です。

そんな中、今回の未成年へのわいせつによる逮捕とは、様々な不祥事がある中でも大きな落胆や失望を招く理由となったのでしょう。

これが一般社員ならともかく、取締役というポジションにつく強い権限を持った人物による行為となれば、もしかしたら自分が推すアイドルにも手を出していたかもしれないと不安になるでしょうし、ファンにしてはたまったものではないのでしょうね。

さて、そんな急落から一日空けた本日ですが、朝から高く始まる反発の一日に。

【4712】KeyHolder(7月28日~29日)

 

KeyHolderは昨日の引け後に「当該役員は海外事業担当であるため、当社グループ所属タレントとの交流・接点はございません」と発表。

これによって一部のファンは安心したという話も聞かれますが、それだけでこの反発というのは考え難いでしょう。

やはり、昨日の下げ幅が大きかっただけに値ごろ感から買いを誘った可能性の方が高そうです。

これまでにも市場では、何らかの不祥事によって株価を急落させた銘柄は度々確認されてきました。

そして不祥事の内容次第ではありますが、一時的な急落となり、その後は切り返すケースも珍しくありません。

結果論にはなりますが、今回のKeyHolderも同じく昨日の急落場面が良い買い場となったのでしょうね。

ただし、一時的な反応に留まることなく買いが続くかは別問題ですし、今後の株価の動向が気になるところですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事