九州 記録的な豪雨で水害対策関連銘柄に注目!

九州 記録的な豪雨で水害対策関連銘柄に注目!

九州 記録的な豪雨で水害対策関連銘柄に注目!

先週3日から鹿児島県や熊本県に大きな被害をもたらした豪雨ですが、気象庁は大雨特別警報を発表し、命を守るために最善を尽くす必要がある「警戒レベル5」に相当すると注意喚起を促しました。

その被害は大きく、床上・床下浸水や土砂崩れなどによって判明している死者は22名以上、他にも心肺停止状態の人が16名、行方不明者は11人以上に。

政府は自衛隊や警察など、4万人体制を派遣し、これまでに800人ほどを救助したそうですが、今後、さらに死者は増加するとみられています。

さらに梅雨前線は北上傾向にあり、四国や近畿、東海など広い範囲で激しい雨が降り、災害リスクが高まる状況に。

こうした豪雨被害から本日は水害対策関連や復興関連などが注目を集めています。

銘柄コード 銘柄名 株価 前日比
1929 日特建設 775 +56 (+7.78%)
1926 ライト工業 1,439 +47 (+3.37%)
1822 大豊建設 2,456 +80 (+3.36%)
1813 不動テトラ 1,470 +55 (+3.88%)
1885 東亜建設工業 1,586 +48 (+3.12%)
1888 若築建設 1,265 +161 (+14.58%)
1890 東洋建設 399 +12 (+3.1%)
1414 ショーボンドホールディングス 4,920 +70 (+1.44%)
7821 前田工繊 2,523 +81 (+3.31%)
7438 コンドーテック 1,116 -4 (-0.35%)
4825 ウェザーニューズ 3,485 +30 (+0.86%)
9678 カナモト 2,436 +195 (+8.7%)

過去にも水害対策や復興関連として注目された銘柄もあり、やはり建設株が中心ですね。

個人的にはコンドーテック(7438)に注目しています。

コンドーテックは土木用・建築用・荷役用・船舶用金物・鋼材・溶接資材・鋲螺・電設資材の製造販売や輸出入を行っているメーカー&商社です。

要するに、社会の様々なシーンで取り扱われるインフラ関連の企業であり、ブルーシートや土のう袋など防災資材を手掛けています。

本日は出来高や株価など大きな反応は見られませんが、水害が大きく取り上げられることで物色される可能性もあるかもしれません。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事