フィーチャ(4052) 直近IPOがテンバガー(株価10倍)達成!

フィーチャ(4052) 直近IPOがテンバガー(株価10倍)達成!

フィーチャ(4052) 直近IPOがテンバガー(株価10倍)達成!

突然ですが、今月24日にマザーズ市場に上場したフィーチャ(4052)をご存知でしょうか?

本日、初値をつけたのですが、公募価格520円に対して高値5,410円とテンバガー(株価10倍)を達成しました。

【4052】フィーチャ

フィーチャはコンピュータビジョン・ディープラーニング・機械学習の分野に注力し、最先端の画像認識アルゴリズムを開発。

先進運転支援システム、顔検知や歩行者検出など画像認識ソフトウェアの開発を手掛ける自動運転関連の一角でもあります。

前期は赤字で今期黒字見通しと業績面の不透明さはありますが、上場時の時価総額は20億円台と小さく「人気化する可能性も」といった声も聞かれていました。

そんな24日上場の直近IPO銘柄ですが、上場初日から買いが殺到し、公募価格520円に対して約2.3倍となる1,196円の買い気配で初日の取引を終了。

続く25日も公募価格の約5.3倍となる2,751円と、買い気配のまま取引を終えていました。

そんな期待高まる一社でしたが、ついに本日は前場11時13分に初値4,710円で寄り付く形に。

その後も買いを集め、寄り付き直後11時17分には高値5,410円をつける場面が確認されました。

つまり、上場から2営業日で株価は約10.4倍と早くもテンバガーを果たしたのです。

上場前から注目度の高い一社でしたが、まさかここまでの人気を集めるとは驚きですね。

改めて振り返ると、AI+自動運転というテーマ性は十分。

業績面では今期(2020年6月期)は黒字転換が見込まれる中で、第3四半期時点ですでに営業益や経常益は通期予想を上回っており、さらにトヨタが絡んでいることで急成長に対する期待もあります。

また、公募価格520円と手を出しやすく、公募株式数は計580,000株(公募150,000株、売出430,000株)、オーバーアロットメントは87,000株で吸収金額は3.46億円と小ぶりですし、オファリングレシオは12.3%と低く、ロックアップは1.5倍または90日です。

不安定な相場環境ではあっても、確かに株価を爆発させる要素は十分でしたね。

新型コロナの影響から上場延期が相次いでいましたしIPO銘柄はノーチェックでしたが、こうした事例を目の当たりにすると意識的にチェックする価値はありますね。

上場企業は増えていますし、今後のためにも一通り見直した方が良いかもしれません。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事