テラ(2191) ストップ安!急落理由は某写真週刊誌?

テラ(2191) ストップ安!急落理由は某写真週刊誌?

テラ(2191) ストップ安!急落理由は某写真週刊誌?

昨日のNYダウが前日比1,861ドル安(-6.9%)と急落したことで、本日の日本市場も久しぶりの大幅安が警戒されましたが、意外に底堅く堅調な推移を見せていますね。

前日比390円安の2万2082円で始まった本日の日経平均は、根強い買いに支えられて株価はジワ上げの展開に。

個別株を見てもここ最近の様相から変わり、荒い値動きを見せるものも多々確認されています。

そんな中、本日は朝から面白い話題が確認されました。

その内容は、あの話題の大相場銘柄テラ(2191)に関するものです。

【2191】テラ

本日発売のフライデイにて、メキシコでの治験に実態がないような記事が掲載されている模様。

テラはセネジェニックス・ジャパンと共同で、新型コロナウイルス感染症に対する治療法を開発しています。

先月14日には「新型コロナウィルスに対する幹細胞治療:臨床試験開始のお知らせ」にて、メキシコで新型コロナウイルスの肺炎に対する間葉系幹細胞を用いた治療法の臨床試験の開始を発表していました。

今月9日には、アメリカとメキシコで薬事申請するための申請代理契約を、CENEGENICS GLOBAL社(アメリカ法人)と、Elite Health Mexico社(メキシコ法人)と締結したことも発表しています。

詳細は不明ですが、内容から察するにこの治験に関する記事ではないでしょうか。

尚、今回のフライデイ記事が確認されると、国際新型コロナウイルス細胞治療研究会のホームページ上に「フライデー記事に対する緊急発表」を掲載。

昨日11日より、セネジェニックス・ジャパンの藤森社長がメキシコに出発しているため、治験現場の情報を随時、写真、動画等を交えて報告すること。

また、フライデー誌に対する反論、法的措置等つきましては、顧問弁護士、関係者と協議調整の上、早急に対応するとのことです。

本日、テラはストップ安をつけ株価は急落していますが、急落の理由は本件が起因かもしれません。

これまでにテラは驚異的な勢いによりピーク時の株価は20倍と大化けしていましたし、今回の記事が引き金となって、いつか訪れるであろう急落を誘った可能性はあります。

真相は不明ですが、テラにすればケチがついたことは確かでしょうし、今後の動向が大いに気になるところです。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事