「抗HIV薬」臨床試験の早期開始でエイズ関連銘柄!

「抗HIV薬」臨床試験の早期開始でエイズ関連銘柄!

クルーズ船の乗員、19日から21日にかけて順次下船!

新型コロナウイルスの集団感染が発生しているクルーズ船ですが、毎日のように二桁ペースで感染者が確認されています。

昨日は新たに99人の感染者が確認されたことで、17日午後9時半時点で判明した感染者の合計は454人となりました。

乗員乗客3711人だけでなく厚労省の職員、検疫官にまで感染が広がっており、改めて異常な事態といえるでしょう。

尚、昨日確認された99人の感染者の内、過半数の70人は特に症状がないとされていることから、さらに感染拡大する可能性が懸念されますね。

そんなクルーズ船ですが、本日、加藤厚生労働大臣はすべての乗客を対象としたウイルス検査の結果が明日19日までに判明すると発表。

その結果、陰性の乗客については明日から21日ごろにかけて、順次、下船するとの見通しを示しました。

当初から潜伏期間とされる14日間は検疫期間とし、船内に留まる方針としていましたから、これは当初の予定通りなのかもしれません。

後は何らかのミスで感染者が下船し、一段と感染が広がらないよう徹底してほしいですね。

抗HIV薬の臨床試験でエイズ関連銘柄に物色の波が!

そんな何かと世間を騒がせている新型コロナウイルスですが、菅官房長官は本日の記者会見で「国立国際医療研究センターを中心に『抗HIV薬』の臨床試験の早期開始に向けて準備を進めている」と発言。

タイなどでは抗HIV薬の投与で新型肺炎の症状が改善したとの報告があり、本日もスガイ化学工業(4120)、免疫生物研究所(4570)など、関連銘柄が人気化していますね。

スガイ化学工業(4120)

免疫生物研究所(4570)

他にもエイズに関連する銘柄はありますが、やはり物色人気は偏っている印象です。

一時、トランスジェニック(2342)も2016年に発表の「免疫生物研究所とCUREDの第三者割当増資を引受 抗HIV抗体医薬品の実用化推進へ」が確認され人気を集めましたが、すぐに失速し株価はマイナス圏での推移を続けています。

これまでの新型コロナウイルス関連銘柄といえば、マスクや防護服などが主だったものでしたが、今旬の関連銘柄といえばこの辺りになるのかもしれませんね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事