新型肺炎患者を日本で初確認!関連銘柄が人気化!

新型肺炎患者を日本で初確認!関連銘柄が人気化!

中国で拡大中の新型コロナウイルス日本国内で初確認!

先週、記事にした中国で拡大中のウイルス性肺炎を覚えていますか?

[1月10日]中国の新型ウイルスにより関連銘柄が物色される!?

厚生労働省は本日、中国の湖北省武漢市に滞在歴のある肺炎患者から、新型コロナウイルス陽性の結果が出たと発表しました。

国内で同ウイルスに関連した肺炎の患者の発生が確認されたのは初めてとなります。

厚生労働省発表の資料によると、患者は神奈川県在住の30代男性で、1月3日から発熱があり、6日に中国湖北省武漢から帰国し医療機関を受診。

その後は10日から入院し、15日に症状が軽快したため退院しましたが、15日の夜に新型コロナウイルスの陽性反応が出たそうです。

中国の一部地域のみに限った話かと思いきや、日本でも感染者が見つかるとは驚きですね。

過去の記事でも触れましたが、中国では1月24日から30日まで春節(旧正月)で大型連休が控えており、春節に日本を訪れる中国人、または一時帰国から日本に戻ることで感染が広がる可能性も考えられます。

現状、国内での感染者は上記の一人ですが、今後も注意すべきでしょう。

関連銘柄が人気化!先週取り上げた興研(7963)も株価急騰!

厚生労働省は、現時点では本疾患はヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠もないとしています。

風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

また、武漢市から帰国・入国される方は咳や発熱等の症状がある場合、マスクを着用するなどし速やかに医療機関を受診するよう呼びかけています。

こうしたニュースを受けて、本日はマスク関連などが人気を集めていますね。

先週取り上げた興研(7963)も人気化し、株価は前日比+294円(+18.99%)の1,842円まで買われる場面も確認されました。

そこで今回は、興研以外に人気を集めている銘柄をまとめたいと思います。

3161 アゼアス
3604 川本産業
6946 日本アビオニクス
7980 重松製作所
6063 日本エマージェンシー
6291 日本エアーテック
3111 オーミケンシ

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事