2020年に注目が期待される有望テーマを先読み!

2020年に注目が期待される有望テーマを先読み!

軟調な大納会は来年の有望株探しが有効

早いもので2019年も本日が最終取引日である大納会です。

既に来年の相場を見据えて有望株を探している方も多いでしょうが、今回は有望株を探す上で不可欠な有望テーマのご紹介となります。

もちろん、来年話題となりそうな投資テーマであり、中でも恩恵が大きそうな大型テーマを選定しています。

是非、参考にしてみてくださいね。

2020年に期待の注目テーマ紹介

東京オリンピック

まず来年のビッグイベントとして真っ先に思い浮かぶのが東京オリンピック関連です。

2020年の7月24日から8月9日までの17日間に渡り開催の予定であり、世界中から注目を集めるとともに人々の来訪が想定されることから、インバウンド関連やセキュリティ関連などが恩恵を受けることでしょう。

他にも東京オリンピックに関するスポーツ用品や広告・メディアなども関連テーマとして挙げられますね。

尚、開催前に恩恵を受け人気化したインフラ関連や建設株よりも、これから本番を迎える上記関連株の方が妙味ありと考えます。

国土強靭化

2019年は台風によって日本列島の広範囲に及び大きな被害を及ぼしました。

台風19号などによる各地の被害を受け、安倍晋三首相は「これまでの常識を超えた災害に備え、国土強靱化をさらに強化する」と強調。

また、台風だけでなく豪雨や地震といった災害によって重要インフラ機能に支障を来しており、特に建設後50年を経過した建物や橋など老朽化が進んでいることを踏まえてもインフラ補修が急がれています。

安倍政権が掲げる国策としてのテーマ性も十分であり、恩恵を受ける建設や土木はチェックしておくべきでしょう。

5G(第5世代移動通信システム)

5Gは現行の4Gまたは4G LTEに続く次世代の通信新ステムです。

5Gもこれまで何度も話題となり人気化した人気テーマの一つですが、いよいよ2020年の春から携帯大手各社は本格的な商用サービスを開始する予定です。

5Gの特徴といえば「高速・大容量」「低遅延」「他接続」です。

新たな時代の到来を象徴するテクノロジーとして世界中で取り組んでおり、自動運転、遠隔医療、セキュリティ、AR・VRなど、他のテーマの土台となる一大技術として抑えておくべきでしょう。

マイナンバー

マイナンバーは2016年1月からスタートした制度です。

いわゆる「消えた年金問題」の発覚を受けて社会保険を一括管理する方法として考案されたものであり、国民すべてに12桁の番号を割り振ることで、年金や医療、納税などを共通番号で効率的に管理する目的があります。

ただ、2019年11月1日時点で普及率は約14%と低水準にとどまっているのが現状です。

そこで政府は普及を後押しする狙いから、2020年度内にマイナンバーを活用したポイント還元策を実施する予定としています。

こちらも国策の一つとして注目しており関連銘柄が市場をにぎわせる可能性は高いでしょう。

量子コンピューター

量子コンピューターは現在のコンピューターをはるかにしのぐ協力な計算能力をもつ次世代のコンピューターです。

スーパーコンピューターでは何千年も要する演算をわずか数時間で完結するとされており、来るべきIoTやAI分野の発展にも大きく貢献するとみられ、アメリカやヨーロッパ、中国など世界的に研究開発が進められています。

例えば、米国ではグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンといったGAFAと呼ばれる大手IT企業が積極的に経営資源を投じて量子コンピューター開発を進めています。

今後はますます主導権争いが激化すると見られており、日本だけでなく世界的な注目は一段と高まっていくでしょう。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事