スイング注目株・人工知能(AI)とスマート農業、TPP11関連の複合テーマ性から狙いたい有望株

スイング注目株・人工知能(AI)とスマート農業、TPP11関連の複合テーマ性から狙いたい有望株

人工知能(AI)の将来性と危険性

車椅子の天才と呼ばれた理論宇宙学者のスティーヴン・ホーキング博士は生前に人工知能(AI)の危険性について憂慮していました。人工知能(AI)が人間の代わりになる時代を恐れていた訳ですね。

人工知能(AI)が人類の英知を超えてしまう事を「シンギュラリティ(技術的特異点)」と呼ばれています。一説に拠れば、2045年には人工知能が進化し、人類が予測出来ない域に達するという仮説があるそうです。人工知能が自身を改良し、人工知能が人工知能を生み出す時代が到来すれば、事実上人類最後の発明が人工知能となる事を意味します。

2010年から人工知能(AI)を用いたビッグデータの蓄積やディープラーニング(深層心理)によるビジネス活用が始まり、その影響力も加速度的に速まりました。今後、IoT時代や自動運転などの時代が到来する事で、より人工知能(AI)に対する技術が求められていきます。

政府が人工知能(AI)の7原則を策定し、法整備

人工知能2

人工知能(AI)は人間の代替労働力だけではなく、医療・金融・情報通信・軍事にも適用される事が予想されており、人間が人工知能(AI)をどう制御するのかが大きな問題とされていました。

シンギュラリティへ向けた時計の針は着実に進んでいますが、加速する人工知能(AI)の技術発展に合わせて、倫理的な原則の取り組みが必要と認識が深まっています。既に日本や欧州では、倫理指針の策定に国を挙げて取り組みを開始していますが、焦点としては人工知能(AI)を使う政府や企業の責任をどのように明確化するかが課題となっているそうです。

日本政府は2018年から有識者による会合で、人工知能(AI)開発や活用の際に考慮すべき倫理的な原則などについて議論・協議を重ねて来ましたが、ようやくその草案が形になって来ました。「AIは人間の基本的人権を侵さない」「AI教育の充実」など7原則を盛り込んだ法整備を進める方針との事。

人工知能(AI)で懸念されて来たシンギュラリティに拠る、倫理面を重視した法整備が進む事となれば、人工知能(AI)関連銘柄への注目度も高まる事が予想されます。

人工知能(AI)とスマート農業、TPP11関連の複合テーマ性から狙いたい有望株

人工知能(AI)関連銘柄は今後、長期に渡って注目されるテーマ株となるでしょう。まだ私達の生活に深く浸透していない為、実感が湧かない方も多いとは思いますが、身近なところでは家電などの「IoT」や、自動車の「自動運転」の分野から少しづつ浸透して行くのではないかと予想されます。

その中で今回、スイング向きの銘柄として注目したいのが「スマート農業」の分野です。現在は都市圏への一極集中や深刻な人手不足で農業離れが進んでいますが、次世代型の「スマート農業」に大きな注目が集まっています。

スイング注目株 【3694】オプティム

時価総額:63,997百万円
年初来高値:5,370円(18/09/11)
年初来安値:2,100円(18/02/06)

人工知能(AI)は農業の分野においても活躍が見込まれています。【3694】オプティムは製造・医療・水産など様々な分野における次世代化、スマート化への取り組みを行っていますが、その中でもスマート農業に注力している企業でもあります。

具体的にはスマホなどで撮影した圃場画像を人工知能(AI)で解析、異常検知カ所表示や作物の収量・最も適した収穫期予測、病害虫のリスク診断やドローンの遠隔操作による農薬散布なども可能になるそうです。

特に注目なのが人工知能(AI)の解析技術を利用する事で実現した農薬使用量を抑える技術。AIで病害虫が検知された箇所のみ農薬を散布する事で、農薬の使用を最小限に抑える事に成功。健康志向の高まりなどから、こういった技術への需要は年々増加しています。

またスイング向きの理由としては、2018年12月末に発効する「TPP11」に関連して、これから「農業関連」に注目が集まる可能性が高いからです。人工知能(AI)関連からスマート農業関連、そしてTPP11関連と複合するテーマ性から銘柄を選定出来る点でも面白いのではないでしょうか。

人工知能(AI)は大化け候補を多数孕む魅力のテーマ性

人工知能(AI)は様々な分野へ今後も波及して行く事が予想されます。人類最後の発明と呼ばれる程、その将来性は抜群です。今後多くの銘柄がこのテーマ性から大化けして行く事になるかもしれません。

大化け候補銘柄を探す為にも、人工知能(AI)関連銘柄の情報収集には力を入れたいです。このサイトでも人工知能(AI)関連銘柄には力を入れて行きたいと思っています。

 

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事