3月株式相場のアノマリー傾向と対策

3月株式相場のアノマリー傾向と対策

3月株式相場のアノマリー傾向と対策

株式市場には様々なアノマリーが存在します。格式投資における「格言」ですね。そこで今回は、3月の株式相場に関連したアノマリーをピックアップしたいと思うのですが、実は3月のアノマリーは「2月とセット」の格言が多いんですよね。なので、改めて2月3月のアノマリーとして紹介したいと思います。

2月・3月相場のアノマリー「節分天井・彼岸底」

「節分天井・彼岸底」というアノマリーは、年明けから強かった相場は一度、節分の時期で天井を迎え、その後は彼岸の時期まで下落するというアノマリーです。

日本の株式市場では有名なアノマリーですが、今年に関しては該当していないかもしれないですね。但し、3月は決算を控えた企業が多いので、初旬は利益確定売りが出易いといったケースもあるようです。

2月・3月・4月相場のアノマリー「花見ラリー」

2月から4月に掛けて日本で良く使われるアノマリーが「花見ラリー」です。こちらは2月の節分の頃から3月下旬~4月上旬頃、桜の花が咲く季節まで株価が堅調に推移し易いというアノマリーです。

現時点での日経平均株価の推移を見ると、今年はこちらのアノマリーが該当しそうな様相ですよね。3月は配当や株主優待の権利取りの為の買いが入り易いですし、地合いの良い展開に期待したいところです。

3月相場は基本的には上昇傾向

3月は年度末なので、大半の上場企業にとっては3月期決算の業績が確定する月となり、決算に伴い株主優待や配当の権利が確定する事となります。また機関投資家や大口投資家は3月決算企業による決算対策の株式売却や、年度末の決算内容を良い数字に見せる為に企業やファンドが自分で買いを入れる「ドレッシング買い」が出易いとも言われますので、基本的には「上昇傾向」と考えて良いかもしれませんね。

3月相場は比較的立ち回りし易い月間なので、この時期に上手く情報収集を行いたいところです。

情報収集次第ではテンバガー級の急騰株を狙える!!詳細はコチラ≫

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

相場考察カテゴリの最新記事