海洋プラごみ対策に170億円を計上!プラスチックごみ関連銘柄に注目!

海洋プラごみ対策に170億円を計上!プラスチックごみ関連銘柄に注目!

海洋プラスチックごみ対策に170億円を計上!今年度より50億円増!

環境省は2020年度当初予算案に、海洋プラスチックごみの関連対策費として今年度より50億円増となる約170億円を計上としています。

海洋プラスチックといえば近年大きな話題となり、国際的な問題として世界中で対策を急ぎ取り組んでいる問題ですね。

世界で年間約800万トンのプラスチックが海に流れていると推計されており、これはスカイツリーで222基分、ジャンボジェット機で5万機分に相当。

800万トンと聞いてもピンと来ませんが、こうして例えると改めてその膨大な量に驚かされます。

そして海に流れた膨大なプラスチックは自然に分解されることはなく半永久的にたまり続けるため、紫外線や波の影響で劣化した5mm以下のサイズとなった「マイクロプラスチック」が魚や海鳥などの体内から大量に見つかるなど大きく取り上げられました。

また、プラスチックに使われる添加物には有害性があります。

海洋汚染に直結するだけでなく、こうして取り込まれた魚などを人間が食べる食物連鎖によって人間の体内にも蓄積されているものと懸念されているのです。

プラスチックの使用量は世界中で増え続けており、20年後には海へのプラスチック流入量は10倍に。

さらに30年後にはプラスチックは魚の量を超えてしまうとも言われており、世界で対策を急ぐのも当然の反応といえますね。

日本のプラスチックごみ処理の実情と問題

現在、日本のプラスチックごみの処理はサーマルリサイクルと呼ばれ、燃やして熱を利用するものがあります。

“リサイクル”と言っても1回燃やして終わりですから実際は”サイクル”ではありませんし、また石油から作られたプラスチックを燃やすと二酸化炭素を増加させ地球温暖化につながるという懸念があります。

他にも国内で消費できないプラスチックごみは海外輸出に頼っていますが、世界で最も多くのごみを引き受けていた中国は2017年末をもってごみの輸入禁止を発表しました。

資源という位置づけでアジア諸国に輸出していましたが、すべてがリサイクルされるわけではありません。

使えないと判断されたものは捨ててしまうため、結局、日本のプラスチックごみは途上国を介して捨てている形になるのです。

特に日本は1人あたりのプラスチック容器包装の廃棄量が世界で2位です。

そして今年6月に大阪で開催されたG20でもテーマとなり、小泉進次郎環境相は身近なところから関心を持ってもらうことが大事と周知・対策に取り組む姿勢を見せていました。

決して他人事ではありませんから、我々消費者も意識することが重要ですよね。

そして企業にとっても対策を急ぐ必要があると同時に、株式市場では一つのテーマとして「プラスチックごみ関連銘柄」として注目されることとなりました。

主なプラスチックごみ関連銘柄の紹介

【3863】日本製紙

紙容器のシェア増加で業績に寄与

【4118】カネカ

カネカ生分解性ポリマーPHBH」は国際的な認証機関から「海水中で生分解する」と認証

【4188】三菱ケミカルHD

タイ石油公社グループとストローにも使用できる環境負荷の極めて少ない新素材を共同開発

【5698】エンビプロHD

2018年7月に「RE100」にリサイクル業から世界初参加

【6531】リファインバース

再生素材「リファインパウダー」開発

【7917】藤森工業

日用品の包装材を手掛ける。詰め替え用パックの需要拡大。

【7912】大日本印刷

紙容器メーカースイスSIG社と合弁会社設立

株式投資としての妙味だけでなく、やはり我々も当事者として取り組むべきですね。

身近なところから少しずつゴミを減らす必要がありますし、そのために多少の不便を感じても快く受け入れなければなりません。

例えば、スーパーやコンビニで買い物をした際に当たり前のようにもらえる「レジ袋」があります。

国は東京五輪・パラリンピック期間中に海外にアピールしたい考えで、来年7月1日からすべての小売店に有料化を義務付ける方針をまとめました。

これまで極々当たり前のようにもらってきたレジ袋ですが、これも不便と思わずマイバッグの持参を意識すべきでしょうね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

未分類カテゴリの最新記事