Go To イート関連銘柄 鳥貴族1品注文で物色か!?

Go To イート関連銘柄 鳥貴族1品注文で物色か!?

Go To イート関連銘柄 鳥貴族1品注文で物色か!?

10月に入り「Go To イート」がスタートしました。

Go To イートとは、新型コロナウイルスの影響から客足が激減した飲食業界の支援、延いては食材を供給する農林漁業者を支援することを目的としたキャンペーンです。

支援内容は2種類があり、1つは「地域内の登録店舗で使える25%のプレミアムを付けた食事券」、もう1つが「オンライン予約サイトで予約・来店すると昼食時間は500ポイント、夕食時間は1,000ポイントが付与」というものです。

そして、最近ネット上を中心に波紋を呼んでいるのが後者の「ポイント付与」に関係したもの。

なんでも、全品298円が売りの居酒屋チェーン「鳥貴族」で1品(税込み 327円)だけ頼み、差し引き673円相当のポイントを繰り返し手にして荒稼ぎするというものです。

客側は繰り返せば繰り返すほど儲けが出るでしょうが、支援が目的である肝心の店側にとっては298円の売り上げに対して、1人につき200円の「送客手数料」が発生して利益はわずか98円に。

食材費、水道光熱費、人件費などの経費を考えたら赤字でしょうし、席を確保する都合上、通常通りに飲食するであろうお客を逃すことを考えると、店側にとっては悩ましい存在でしょう。

ただし、ルール違反しているわけではありませんし、なにより農水省が「理論上、問題ない」とコメントするなど、問題が浮上しても改善されないことについても疑問視されています。

この付与されるポイント自体が税金であることを考えると、今からでもルールを見直して改善する必要がありそうですが…。

現在も鳥貴族はルールなど変更していませんし、話題に挙がったことで一段と「錬金術」を試す人が増えていそうですね。

さて、今回はこの騒動について良し悪しを問うつもりはありません。

それ以上に、テレビのワイドショーなどでも取り上げられたことで、鳥貴族やGo To イートが大きな話題となったことに注目しています。

具体的には、Go To イートのポイント付与に必要となるのは「オンライン予約サイト」を利用した予約・来店であり、使い方はともかく「食べログ」「ぐるなび」などの利用者が急増したことを考えると、こうしたオンライン予約サイトを展開する銘柄の人気化が考えられるのです。

そこで今回は、Go To イート関連としてオンライン予約サイトを展開する企業をまとめてみました。

Go To イート関連銘柄(オンライン予約サイト)まとめ

銘柄コード 銘柄名 本日終値 前日比 備考
2440 ぐるなび 875円 +72 (+8.96%) ぐるなびを運営
2371 カカクコム 2,979円 +50 (+1.7%) 食べログを運営
4689 Zホールディングス 745円 +28 (+3.9%) Yahoo!ロコを運営
6098 リクルートホールディングス 4,272円 -2 (-0.04%) ホットペッパーを運営

特に強い推移を見せたのは、ヤフーことZホールディングス(4689)でしょうか。

本日は年初来高値を更新する高値746円をつける場面も見せ、ほぼ高値引けで取引を終えており、明日も人気か継続する可能性もあります。

他にも、上げ幅で見ればぐるなび(2440)が+9%近くと急伸しつつ直近高値を更新し、こちらも明日以降の物色も期待できるかもしれませんね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事