デジタル庁の発足で関連銘柄(GaaSu関連銘柄)に期待!

デジタル庁の発足で関連銘柄(GaaSu関連銘柄)に期待!

デジタル庁の発足で関連銘柄(GaaSu関連銘柄)に期待!

平井卓也デジタル改革担当相は昨日の閣議会議後の会見で、行政サービスのデジタル化を一元的に担う「デジタル庁」の発足に向けた準備室を立ち上げると発表しました。

平井氏は「小さく産んで、大きく育てるスタートアップ企業の考え方に近い組織にしたい」と述べ、スローガンは「ガバメント・アズ・ア・スタートアップ(Government As a Start Up)」と発言。

このスローガンの頭文字を取ると、結果的に菅首相の愛称と同じ「ガースー(GaaSu)」になると笑いを誘っていました。

デジタル庁には平井氏が室長に就き、準備室には内閣府や財務省、総務省、経産省など各省庁から集まった約50人のほか10人の民間有識者が加わり、年内に基本方針を取りまとめる模様です。

デジタル庁といえば、菅政権の目玉政策の1つですね。

本格始動ともなれば多くの関連銘柄が人気を集める可能性はありますし、改めて”国策”として注目する価値はありそうです。

デジタル庁関連銘柄(GaaSu関連銘柄)まとめ

銘柄コード 銘柄名 株価 前日比
4421 DIシステム 2,658 +499 (+23.11%)
7067 ブランディングテクノロジー 2,438 +220 (+9.91%)
9360 鈴与シンワート 4,185 +475 (+12.8%)
9685 KYCOM 936 +150 (+19.08%)
6070 キャリアリンク 1,761 +86 (+5.13%

※上記株価は本日14時15分時点を参照しています。

その大半がデジタルトランスフォーメーション(DX関連銘柄)としての妙味もあり、改めて期待が高まっているようですね。

既に株価を連騰させているものも多く、本日もストップ高をつけている銘柄もあります。

例えば、公共向け中心にシステムの受託開発を手掛けるKYCOM(9685)です。

【9685】KYCOM

行政のデジタル化推進を目的とした「デジタル庁」の創設だけでなく、今秋から各省庁のシステムをクラウドに切り替える取り組みもあり、その恩恵に対する期待から買いが殺到している模様。

市場には様々なテーマがあり日々物色されていますが、中でもデジタル庁関連およびDX関連は旬の大型テーマとして継続的にチェックする価値はありそうですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事