新日本科学(2395) シラスウナギ人工生産成功で株価急騰!

新日本科学(2395) シラスウナギ人工生産成功で株価急騰!

新日本科学(2395) シラスウナギ人工生産成功で株価急騰!

新日本科学(2395)は本日9時、ニホンウナギの人工種苗生産研究を進める沖永良部島事業所で、天然海水によるシラスウナギの稚魚の人工生産に成功したと発表しました。

「量産化の技術確立に向けて準備が整った」として、2023年までに1万匹の生産を目指すとしています。

この発表を受けて、新日本科学は株価を急騰させストップ高をつける場面も確認されました。

【2395】新日本科学

ニホンウナギは絶滅の恐れがあり、天然の稚魚の採捕量は減少傾向が続いています。

官庁・民間で人工稚魚生産の研究が進んでいますが、孵化後に稚魚まで育てるのが難しく、量産化の壁に。

そんな中、新日本科学は2014年より研究を鹿児島でウナギ種苗生産の研究を開始し、2017年11月には世界で初めて「人工海水を使った閉鎖循環システムで稚魚生産」に成功。2018年より薩摩うなぎ研究所を設け、大量生産に向けた研究を進めていました。

昨年10月には、天然海水による実証研究施設として伊延港近くに沖永良部島事業所を設置し、親ウナギから採取した卵と精子を人工授精させた受精卵が今年3月頃に孵化しました。

そして、飼育期間が180日に達した今月、体長5センチほどに育った仔魚を、稚魚に変態させることに成功したようです。

現在、飼育を始めた仔魚が稚魚になるまでの生存率は1%未満であるため、まずは5%まで向上させるのが目標に。

永田良一社長は「事業化に向けた研究へステップアップできる。将来は規模を拡大し、島の雇用創出に役立てたら」と話しています。

天然海水で安定的に生産できる環境構築にメドが立ち、大量生産による事業化に向けた展開を図るとは楽しみな発表ですね。

尚、今回の発表による今期業績に及ぼす影響は軽微としていますが、事業として軌道に乗った際の将来的な期待は十分でしょうし、今後の続報もチェックしたいです。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事