菅官房長官 総裁選の出馬表明で日本テレホン(9425)急騰!

菅官房長官 総裁選の出馬表明で日本テレホン(9425)急騰!

菅官房長官 総裁選の出馬表明で日本テレホン(9425)急騰!

昨日2日、菅官房長官は総裁選への立候補を表明し記者会見を開きました。

「安倍総理大臣が進めてきた取り組みを継承し、前に進めるために持てる力をすべて尽くす覚悟だ」

「アベノミクスを責任を持って引き継ぎ、さらに前に進めていきたい。日銀との関係は、安倍総理大臣と同じように進めたい」

「少子高齢化への対応、戦後外交の総決算をはじめとする外交安全保障、拉致問題解決に向けた取り組み憲法改正など、山積する課題にも引き続き挑戦したい」

こうした発言の中で、投資家を中心に注目を集めたのは携帯電話料金です。

「事業者間で競争が働く仕組みをさらに徹底していきたい」と述べて、料金の引き下げに意欲を示しました。

菅氏といえば、これまでにも携帯電話料金は4割下げられる余地があると主張し、携帯大手各社は新料金プランを打ち出しました。

2019年10月には電気通信事業法を改正し、通信と端末の分離が義務化され、解約金の値下げや撤廃も敢行。

それでも不十分として、さらなる料金の引き下げや携帯大手3社がシェア9割の寡占状況にあることも言及し、現状の施策では不十分であるとの認識を示しています。

こうした発言から注目されたのが日本テレホン(9425)です。

【9425】日本テレホン

日本テレホンは格安SIMや中古スマホを手掛けています。

菅氏が新総理となれば、中古スマホの販売を手掛ける同社に追い風になるとの見方から思惑が働きました。

株価は8月31日に続いて今月1日もストップ高をつける2連騰を達成。

昨日は7円安と利益確定売りに押されましたが、引け後の立候補表明によって本日は再びストップ高をつける展開となっています。

他にも同テーマから日本通信(9424)なども物色されましたが、本命は日本テレホンということでしょうね。

ちなみに、菅氏は地方銀行について「将来的には数が多過ぎるのではないかと思っている」と語っています。

地銀の競争力強化は菅氏の持論であり、地銀再編への期待が高まりから、本日は福島銀行(8562)、島根銀行(7150)、筑波銀行(9338)なども人気を集めていました。

中古スマホと地銀ではテーマの違いから一括りにはできませんが、それでも同じ「菅関連銘柄」として見るなら、やはり筆頭は日本テレホン(9425)でしょうね。

この人気がどこまで続くか、引き続きチェックする価値はありそうです。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事