藤井聡太七段 棋聖獲得で関連銘柄に注目!?

藤井聡太七段 棋聖獲得で関連銘柄に注目!?

藤井聡太七段 棋聖獲得で関連銘柄に注目!?

昨日16日、大阪府大阪市「関西将棋会館」で行われたヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局で、最年少棋士の藤井聡太七段が渡辺明棋聖に勝利しました。

これにより、藤井七段は17歳11ヶ月の史上最年少の「棋聖」タイトルを獲得。

従来の記録、18歳6ヶ月でタイトルを獲得した屋敷伸之九段のタイトル獲得最年少記録を更新するとともに、将棋界初の「17歳タイトルホルダー」となりました。

最近のニュースといえば新型コロナ感染の第二波や豪雨による被害など、暗いニュースばかりでしたから、こういう明るい話題が聞かれるのは嬉しいですね。

藤井七段といえば、中学生だった2016年の10月に史上最年少の14歳2ヶ月で四段昇段(プロ入り)を達成。

そしてブロデビュー直後から無敗のまま公式戦最多連勝記録となる29連勝を樹立し、当時は様々なメディアでも大きく取り上げられ話題となりました。

そこで注目されたのが、「将棋関連銘柄」こと「藤井聡太関連銘柄」です。

今回も同様、初のタイトル獲得として関連銘柄が注目されるかと思いましたが、朝方に人気を集めた一部銘柄はあるもののほぼ無風ですね。

主な将棋関連銘柄(藤井聡太関連銘柄)まとめ

銘柄コード 銘柄名 備考
4751 サイバーエージェント AbemaTVで将棋チャンネルを放映
9468 HADOKAWA ニコニコ動画で公式戦「叡王戦」を主催・配信
2454 オールアバウト 将棋グッズを販売
4382 HEROZ 将棋アプリ「将棋ウォーズ」を手掛ける
7615 京都きもの友禅 タイトル戦などで和服を着る人が多いため連想

 過去の”藤井聡太フィーバー”を振り返ると、その規模もありHEROZ(4382)やオールアバウト(2454)が人気を集めた印象です。

今回は世間の話題性よりも市場の注目度は低い一日となりましたが、今後のさらなる活躍次第で再注目される可能性はあるでしょう。

尚、藤井新棋聖は、現在、王位戦七番勝負で木村一基王位にも挑戦中であり、最短で8月中旬にも藤井二冠、そして最年少で八段昇段の可能性があります。

他にも将棋界のビッグタイトル「竜王戦」でも決勝トーナメントに進出しており、挑戦権獲得の期待もあります。

藤井新棋聖の今後のさらなる躍進に期待したいですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事