HIROTSUバイオ 尿でがん検査 受託能力を年100万人に!

HIROTSUバイオ 尿でがん検査 受託能力を年100万人に!

HIROTSUバイオ 尿でがん検査 受託能力を年100万人に!

新型コロナウイルスの新規感染者数に関して、東京では昨日107人と急増しましたが、本日も100人超との速報が確認されています。

また、埼玉や神奈川や千葉といった関東圏や北海道、大阪、京都などでも感染者が増えつつあり、本格的に第二波が警戒される状況にありますね。

そんな新型コロナウイルスが警戒される日々ですが、本日、個人的に注目材料があります。

それは、昨夜未明に日経新聞の記事にて確認された「ヒロツバイオ、尿でがん検査 受託能力を年100万人に」です。

HIROTSUバイオサイエンスといえば、昨年秋に微生物の線虫を使った「N-NOSE(エヌノーズ)」によって話題となりました。

「N-NOSE(エヌノーズ)」はがん患者の尿特有の匂いを嗅ぎわける線虫の性質を利用したシステムです。

尿1滴で簡単に高精度ながんの検査法であり、15種類のがんを網羅する上に、早期発見の的中率は9割、さらに検査費用1回当たり9800円と安価という特徴があり、昨年10月には関連銘柄が人気化しました。

そんな同社ですが、検査工程を自動化し受託能力を約50倍に高め、2020年度中に尿によるがん検査サービスで年100万人分の検査体制を整えるようです。

単純計算で、1回の検査費用9800円×100万人/年=最大98億円の売り上げが見込まれます。

現状、1月より始めた同サービスの検査数は月1000件に満たないことを考えると、大きなインパクトになるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスや他の材料株に注目が集まっていますが、今後、再度人気化という可能性はありそうですね。

尚、HIROTSUバイオサイエンスは上場していないため、日立製作所(6501)やトッパン・フォームズ(7862)、アズワン(7476)、エイベックス(7860)、FVC(8462)、イチネンHD(9619)など、出資企業を中心としたものが関連銘柄として挙げられます。

中でも、時価総額が最も小さなFVCは狙い目かもしれません。

本日は株価は反発していますが、昨日が大きく下げていただけに自律反発という可能性は考えられますが、今後、同材料からテーマ株を探す際はチェックしてみると良いかもしれませんね。

【8462】FVC

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事