ズーム(6694) カン違いで株価が急騰!?

ズーム(6694) カン違いで株価が急騰!?

ズーム(6694) カン違いで株価が急騰!?

本日は市場に影響を与えるような目新しい話題や、新たな話題や注目を集めるテーマ株などは確認されませんが、ある銘柄が不思議な急騰を見せているので取り上げたいと思います。

はじめに、不思議な急騰を見せる銘柄とは、連日、年初来高値を更新しているズーム(6694)です。

【6694】ズーム

 

ズームはハンディレコーダーやマルチエフェクターなど、音楽用電子機器の開発・販売をしています。

このズームですが、6月3日より出来高を伴いながら連騰しており、さらに昨日に続いて本日も寄り付き直後にストップ高をつける場面まで確認されたのです。

気になるのは、これだけ人気を集める材料ですが、特にこれといった発表などはなく確認されず。

そんな中、昨日ズームは自社ホームページにて『当社は、ビデオ会議サービスを運営する米国の「Zoom Video Communications, Inc」とは一切関係ありません』を掲載しました。

「Zoom Video Communications, Inc」は、新型コロナの影響から自粛生活、在宅勤務が広まったことで急速に普及したビデオ会議でお馴染みの「Zoom」を運営する米国の企業です。

その「Zoom Video Communications, Inc」が今月2日に好決算を発表したことで、ズームの人気へと繋がった模様ですが、両社は名前こそ似ているものの一切無関係の会社であり、結局、カン違いからこれだけの人気を集めたとされているのです。

確かに会社名の”ズーム”で連想されるかもしれませんし、その事業内容から音声やビデオなどZoomにも使用されそうな技術として間違えたのかもしれません。

これまでにも市場ではカン違いから一時的な急騰を見せた銘柄はありましたが、大抵は間違いが発覚すれば即座に売られて株価は急落するものばかりでしたから、こんな風に日を跨いでストップ高までつけるとは…。

余談ですが、実は私もズームの急騰理由を探していた際に、ネット上でZoomに関する話は見かけましたが、ただのカン違いでこれだけの人気を集めるとは思えず、他に何か理由があると思っていました。

考えたのは、6月3日からの人気ということから、6月2日に「あおり運転」を厳罰化する道路交通法改正案が衆議院本会議で可決・成立したことで、ドライブレコーダー需要の高まりが予想され、ズームの技術が利用またはズームが参入するなど、関連する材料が漏れているのかもしれないと思ったのですが、とんだ見当違いでした(笑)

こうしてネタがばれてしまえばズームの不思議な人気もこれまででしょうね。

もしも保有されている方は、株価は需給といっても無理はせずに早々に撤退を検討した方が良いかもしれませんね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事