新型コロナ 新たな関連銘柄が続々と確認!

新型コロナ 新たな関連銘柄が続々と確認!

新型コロナ 新たな関連銘柄が続々と確認!

また今週も新型コロナの猛威が再確認されるスタートとなりました。

本日、都内で確認された新たな感染者は約90人とされ、これまでに判明している感染者数は計2,068人となります。

また、昨日12日には中野区の中野江古田病院で、92人の感染が確認され、小池百合子都知事も大規模なクラスターになったと述べました。

しかし事態はより深刻で、4月1日には看護師が感染していたが公表はせず、見かねた勤務医が保健所に内部告発して発覚したといわれているのです。

保健所は今月3日、病院に対し外来の診療や入退院などの停止を指示していたようですが、病院側は4日まで外来診療を続けていたことを認めており、現在はこの間に受診した患者や面会に訪れた人などによる苦情や問い合わせが殺到しているようです。

本当に経営判断で公表しなかったのか不明ですが、永寿総合病院の例もありますし病院で感染するリスクは思った以上に高いのかもしれません。

そんな驚きのニュースが確認された本日ですが、これまで物色されなかった新しい新型コロナ関連銘柄が注目を集めていました。

例えば、店舗向け新型コロナウイルス対策として、ウェーブロック(7940)の製品「タフニール」が飛沫感染防止用透明ビニールカーテンとして使用できるとし、緊急事態対応として販売体制を強化と発表して本日は急騰しました。

また、皮膚に貼る注射剤として感染症予防での有効性が知られ、日本でも注目されはじめている「マイクロニードル」を開発するASTI(6899)や、メドレックス(4586)も急騰。

他にも新型コロナ感染症で目が痛む人が増えており、感染者は最初に眼科医を訪ねる可能性もあるとのことから有機合成薬品工業(4531)などが人気化。

さらに新型コロナ予防としてマスクをしている人が多いことから、マスクを外さず本人確認ができるよう顔認証に関連する一部の銘柄も人気を集めていた模様です。

最近の傾向として、数日にわたって人気が継続し大相場となる可能性は低そうですが、今後も折に触れて人気化することはありそうですしチェックしておく価値はありそうですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事