飲食店のデリバリーサービスのサポートで関連銘柄が人気化!

飲食店のデリバリーサービスのサポートで関連銘柄が人気化!

飲食店のデリバリーサービスのサポートで関連銘柄が人気化!

本日、小池百合子都知事は新型コロナによる感染拡大を防ぐため、娯楽施設や劇場、学校などに明日11日から5月6日まで休業を要請すると発表しました。

それ同時に、実効性を高めるため要請に応じた事業者には協力金として、1店舗の事業者には50万円、2店舗以上を持つ事業者には100万円を給付する方針も明らかにしています。

具体的に休業を要請する施設は、大学・専修学校、自動車教習所、学習塾、博物館、美術館、図書館、ボウリング場、スポーツクラブ、映画館、ナイトクラブ、漫画喫茶、パチンコ、ゲームセンターなど。

生活インフラとして休業を要請しないものとして、病院、診療所、薬局、百貨店・ホームセンター、スーパーマーケット、コンビニ、ホテル・旅館、バス、タクシー、電車、葬儀場、銭湯、理美容、飲食店・喫茶店などです。

尚、飲食店は休業を要請しないが、営業時間は午前5時から午後8時までとし、お酒の提供は午後7時までとするよう求めています。

そんな中、株式市場では本日の小池知事の会見で人気化したテーマがあります。

それはフードデリバリー関連銘柄(宅配関連銘柄)です。

本日の会見で「飲食店では新たにデリバリーサービスを始める場合も増えているので、都としてデリバリーサービスを始める方のサポートを行う」と述べたことが買いの理由とされています。

【6082】ライドオンエクスプレス

【2484】出前館

ライドオンは「銀のさら」「すし上等!」「釜寅」などを展開、出前館は出前仲介サイトとして「ガスト」「ココイチ」「ピザハット」を宅配しています。

宅配事業は以前から度々人気を集めていましたが、本日の会見から思惑や連想が働きやすく買いへと繋がった模様ですね。

ただし人気は続かず、14時過ぎの会見で瞬間的に急騰しましたが、その後は落ち着きを見せています。

特に出前館は大化け前にはほぼ急騰前の水準まで値を下げ、結局、終値は前日比-23円(-1.71%)で取引を終えました。

直近の1ヶ月で株価を2倍以上に上昇させていましたし、週末ということもあって利益確定を急ぐ動きもあったのでしょう。

もっとも、新型コロナの影響から今後も折に触れて人気化が考えられる銘柄です。

継続的に監視しておくと良いかもしれませんね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事