新型コロナウイルス 新たな関連銘柄が人気化!

新型コロナウイルス 新たな関連銘柄が人気化!

日経平均 前日比500円安で2万2000円割れへ!

 

本日の日本市場も様々な銘柄が売られる全面安商状であり、日経平均は下げ幅が500円を超える非常に厳しい一日です。

当面の下値と意識されていた2万2000円の大台をアッサリと割り込み一段安が警戒される状況に。

また、本日は日本時間でNYダウ先物も急落し、ドル円は110円割れを目前としており、今夜の米国時間も非常に怖い事態となっていますね。

正直、ここ数日の下げ方が強烈ですし一旦の反発があっても不思議はなさそうですが、それ以上に売りが加速し下げ幅を拡大する展開となっています。

これだけ新型コロナウイルスに関する悪いニュースが飛び交う今、一向に事態の収拾が見えず不安視されるのは当然かもしれません。

一部では日経平均は2万円割れといった話も聞かれますが、もしかしたら本当に割り込む事態というのも起こりうるかもしれませんね。

悪地合いの中で人気を集めている関連銘柄とは?

そんな厳しい本日ですが、一部の銘柄は人気化し買いを集めています。

例えば、JMACS(5718)です。

京都のあるベンチャー企業が、今月発売したメガネ型の端末「スマートグラス」に、中国に工場を持つ国内のメーカーから問い合わせが殺到しているとの記事が確認されました。

スマートグラスは離れたところにいる作業員にリアルタイムで指示を出せる端末で、新型肺炎の広がりで現地に日本人の技術者を置けなくなった企業から注目されているようです。

JMACSは遠隔支援システムの「nvEye’s(エヌヴィ)」シリーズに防爆認証を取得したスマートグラスを販売していることから、同社への連想が働き物色へと繋がっている模様です。

他にも、医学生物学研究所(4557)は昨日の引け後に、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の検査試薬開発に着手したと発表。

その結果、本日は朝から買いを集めて株価を上昇させています。

こうした地合いの中でも人気を集める銘柄はありますが、やはり今は新型コロナウイルスに関連した材料は特に買いを集める傾向にあると見られます。

世界が感染拡大を警戒し深刻化する今だからこそ、再注目のテーマであり材料となるのでしょうね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事