新型コロナウイルス関連銘柄のマスク株に再物色!

新型コロナウイルス関連銘柄のマスク株に再物色!

新型コロナウイルス感染でクルーズ船の元乗客2人が死亡!

昨日から下船を始めたクルーズ船ですが、ウイルスに感染し国内の医療機関に入院していた80代の日本人男女2人が亡くなりました。

これで国内で新型コロナウイルスによる感染で死亡したのは3人です。

尚、クルーズ船ではこれまでに621人の感染が確認されてきましたが、乗客で死亡したのは初となります。

感染者数に対する死者の割合で考えればそこまで高くないとも見れますが、感染率そのものが高いことや、やはり死亡に繋がるケースを考えると楽観はできませんね。

また、奇しくも昨日は検査結果が陰性だった443人が船を降り、本日も500人前後が下船を予定しています。

この下船を始めた時期に2人が亡くなってしまうというのも心理的に嫌なタイミングとなってしまいました。

中国の保健当局が「エアロゾル」感染の可能性!

また、昨日は中国の保健当局が新型コロナウイルスに関する新たなガイドラインを発表し、エアロゾル感染の可能性があると指摘しました。

これまでの感染ルートとして挙げていた飛沫感染と濃厚接触だけでなく、より感染リスクの高いエアロゾル感染が加わったことで一段と危険視されることとなります。

もっとも、以前から高い感染力に関して疑問視されていましたから、今さらといった印象もありますが…。

尚、エアロゾルとは飛沫よりも小さな粒子のことで、空気中に一定時間漂うもの。

空気感染は長期間・広範囲に及ぶことに対し、エアロゾル感染は短期間・限定的範囲にウイルスが浮遊するため、密閉された空間で長時間エアロゾルにさらされた場合、感染の可能性が高まるそうです。

そうした話題が飛び交う中、本日は再びマスク関連が物色されています。

銘柄コード 銘柄名 株価 前日比
7963 興研 2,668 +139(+5.49%)
3604 川本産業 2,526 +137(+5.73%)
7980 重松製作所 1,793 +137(+8.27%)

※上記株価は20日14時30分時点を参照しています。

先日は政府がマスクの供給量を確保するため、製造業者に対して増産のための補助金も検討しているとの話題も聞かれました。

こうしたニュースも人気化に一躍買ったのかもしれませんね。

ただ、チャートを見ると自律反発の域を出ないとの見方もできます。

再び大相場となれば良いですが、迂闊に手を出すと大ケガしかねないだけに取り組む場合は慎重に挑みたいですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事