トランプ大統領が香港人権法案に署名!中国の反発は必至!?

トランプ大統領が香港人権法案に署名!中国の反発は必至!?

米中協議に暗雲立ち込める!?上昇相場も終焉か!?

トランプ大統領大統領は27日、「香港人権・民主主義法」に署名したことで同法は成立したとホワイトハウスが声明を発表。

これによって米中関係の緊張が高まり、貿易戦争の収束を目指す取り組みは一段と複雑化する形となり、日経平均は寄り付き直後から大きく売られる展開となりました。

香港人権・民主主義法とは、香港に高度の自治を認めた「一国二制度」が守られているかどうか毎年の検証を義務付けるほか、香港の「基本的自由・自治」が損なわれたり、市民の人権が侵害された場合を制裁を科す内容です。

当然、中国としては面白くなく一斉に非難の声明を発表し猛反発しています。

以前から強烈な抗議とともに法案成立の阻止を要求し、成立した場合は「中国は強力な対抗措置に訴える」と報復を示唆していました。

近い将来、中国側も何らかの発表をするでしょうが、これは先行き不安ですね。

今の相場で注目されている最大のイベントは米中協議であり、第1段階の貿易合意に向けて取り組んでいる最中での法案成立ですから大きく風向きが変わるかもしれません。

ただ、トランプ大統領の立場としては実質署名が決定的ですから複雑でしょう。

同法案は上院で全会一致で可決後、下院でも賛成417、反対1の圧倒的多数で承認されています。

仮に拒否権を行使しても覆されることが確実なため、選択の余地なく署名するしか余地が残されていません。

当然、トランプ大統領としては来年の大統領選での再選に向けて成果となる貿易合意を進めているわけですし、中国側も強気な態度にきても何ら不思議はないでしょう。

場合によっては貿易交渉そのものが流れてしまうといった可能性も絶対にないとは言い切れません。

希望的観測で考えるなら事前に電話会議など根回して約束を取り付けていれば良いですが、そう都合良い未来を思い描くのは少々楽観的すぎますからね。

とにかく今は中国側がどのような反応を示すか待つしかありません。

日経平均株価

20191128 日経

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事