個人情報保護委員会がクッキーに法規制!ログリーに追い風が!

個人情報保護委員会がクッキーに法規制!ログリーに追い風が!

公正取引委員会に続いて個人情報保護委員会がクッキー(Cookie)情報に規制!

本日、個人情報保護委員会は、企業のクッキー(Cookie)利用を規制する方向で検討していることを明らかにしました。

同委員会は来年1月からの通常国会に提出する法改正案の内容を年内に示す方針です。

クッキーについては今年10月に、公正取引委員会も規制する方向で議論に入ったと報じられています。

ここまでクッキーが問題視される原因となったのは、就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアの一件にあります。

今年8月、リクルートキャリアは就職活動中の学生のサイト閲覧履歴などから内定辞退率を予測して他社に販売していたことが発覚。

リクナビのプライバシーポリシーに不備があり、一部の学生から事前に同意を得ていなかったことも発覚し、法的・倫理的な観点から批判を集め、サービスを中止する事態に発展しました。

個人情報保護委は一連の仕組みが個人情報保護法違反に当たると判断し、8月末にリクルートキャリアに行政指導を実施し、本人の同意なく企業間でクッキーのやりとりや、本人を特定する行為を制限する方法を議論していました。

同委員会は迅速に対応を進めたいとし、通常国会に改正案を提出する場合は、案が固まった段階で公表するとしています。

クッキー情報の規制でログリーに追い風!赤字決算で急落から一気急騰!

【6579】ログリー

20191126 ログリー

前述のクッキー利用の規制が追い風となって本日人気を集めている銘柄がログリーです。

ログリーはクッキーを使用せずにユーザー属性を推定する技術を確立し、特許を取得していることから同社に対する期待や思惑から人気がしている模様です。

ログリーといえば11月12日発表の直近の決算(20年3月期第2四半期)が嫌気され株価は急落し株価は1900円台での推移を続けていました。

安値圏で拾いやすい上に個人投資家好みの小型株として、短期資金を集めて一気に急騰したのでしょうね。

この人気がどこまで続くか、明日以降も注目したいと思います。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事