任天堂の今後に暗雲立ち込める!?強力なライバルはグーグル他!

任天堂の今後に暗雲立ち込める!?強力なライバルはグーグル他!

任天堂は買われすぎ?目先の注目はポケモン新作の評価か!?

任天堂と言えば最近は株価を急上昇させている絶好調の一社ですね。

つい先日、今月20日には年初来高値を更新する43,300円をつける場面も見られており、22日現在も高値圏での推移を続けています。

そんな話題の任天堂ですが、注目度の高い一社であるだけに様々な話が聞かれ株価に影響を及ぼしています。

例えば本日の任天堂は売りが優勢となっていますが、その要因は昨日21日にモルガンスタンレーMUFG証券レーティングを「オーバーウエート」から「イコールウエート」へ引き下げたことにより嫌気されたものとされています。

レーティング引き下げの理由は、先週末15日に発売を開始した大ヒットタイトル「ポケットモンスター ソード・シールド」のユーザーレビューが低調でありクスマス商戦への懸念が高まっているというもの。

しかし、ふたを開ければ初週売上本数は国内で200万本、世界累計では600万本を突破。

これはニンテンドースイッチ向けのソフトで史上最速の記録となります。

初動は絶好調ながら、その後の伸びを欠く可能性も考えられますが、はたして話題の任天堂株は買いなのでしょうか?

任天堂に暗雲!?グーグルのクラウドゲーム「Stadia」がリリース!

前述の通り、市場でも注目される任天堂ですから、良くも悪くも様々な噂やニュースが確認されます。

今気になるのは、グーグル社が19日に開始したクラウドゲーム「Stadia(スタディア)」の存在です。

Stadiaとは、ニンテンドースイッチやプレイステーションといった専用のゲーム機を必要とせず、ネットにつないだテレビやPC、スマホなどでゲームを楽しめるサービスです。

配信サービス市場では「Netflix(ネットフリックス)」や「AmazonPrime(アマゾンプライム)」などが急成長しましたが、今度は配信ゲームとして新たな市場を形成するかもしれません。

そうなれば、ただでさえ競争の激しいゲーム業界において強力なライバルとなる可能性が考えられるでしょう。

またグーグルだけでなく、マイクロソフトやアップルもクライドゲーム業界への参入を進めており、将来的には業界地図が大きく変わっていくかもしれません。

もちろん任天堂やソニーといったゲーム大手もさらなる一手を考えてくるでしょうから、今後の動向にも引き続き注目ですね。

【7974】任天堂

20191122 任天堂

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事