社会問題化する高齢者による交通事故!サポートカーの補助に注目!

社会問題化する高齢者による交通事故!サポートカーの補助に注目!

オートウェーブが急騰!政府による安全運転装置付き車に10万円補助が理由か!?

政府は高齢者の運転を手助けする装置などがある安全運転サポート車(サポカー)の購入を補助する制度をつくる方針です。

なんでも、65歳以上の高齢者を対象に原則として新車1台あたり10万円、軽自動車は7万円をめどに助成する方向であり、高齢運転者の事故防止対策を進めるとともに自動車企業の技術開発と市場育成を後押しします。

12月にまとめる経済対策に主要施策として盛り込み、2019年度補正予算案と20年度当初予算案に必要経費を計上する予定です。

高齢者による交通事故は頻繁にニュースでも取り上げられるようになり、すでに深刻な社会問題となっていますね。

特に今年4月に池袋で11人が死傷し、先日書類送検された飯塚幸三容疑者の一件は大きな波紋を呼び、自動車各社も対策を進めています。

例えばトヨタ自動車は障害物が近くにある状態でアクセルを踏み込むとブザーが鳴り、急発進を防ぐ後付けの装置を販売しています。

他にも衝突被害を軽減するブレーキや、ブレーキとアクセルを踏み間違えたときに急加速を抑える装置を備えた車を購入した人に補助金を配る予定であり、すでに保有している車に装置を取り付ける費用の補助も検討されています。

こうした報道を受けて本日は自動車用品店のオートウェーブが人気を集めていました。

【2666】オートウェーブ

20191121 オートウェーブ

オートウェーブは千葉地盤のカー用品店であり、タイヤを軸に車検・板金の総合サービスなどを展開し、新車リース販売に注力中です。

寄り付き直後には前日終値140円に対して12円高の152円(+8.57%)まで急騰。

その後は全体相場が崩れると上げ幅を縮め、再び140円で落ち着く形となっています。

補助の対象となるサポートカー関連銘柄なら他にも多数あるでしょうが、やはりオートウェーブは個人投資家好みの小型株として人気を集めたのでしょうね。

ただ話題性は大きいと思いますし、今後は他の関連銘柄に人気が移る可能性が考えられることから、時事性のあるテーマとして今後も注目したいですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事